« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

地球高温化と大和ハウスと男の子

ここ半月ほどドキュメンタリーの新作の編集に没頭した。石垣島のある老人の物語である。78歳の今も現役の船大工をやっている人で、大変元気なオジイ。一緒に電灯潜りといって夜中に懐中電灯と銛をもって潜るわけだがオジイが10何匹獲ったのに僕は坊主だった。キャリアーが違う。全く刃が立たなかった。そんなオジイの物語の上映会を石垣島でやることになった。12月10日(日)カフェタニファ。以前ここでやったブラジルのドキュメンタリーがドイツの映画祭で入選したので縁起がいい場所である。最初の撮影から丸3年以上かかった。ようやく完成の運びとなって肩の荷が下りた。日銭を稼ぐ仕事があまりなかったのでこの間半日は釣り、半日は編集と夜中まで起きていたのですっかり夜型の生活になってしまって、不健康な日々が続いている。そろそろ元に戻さねばならない。

10日ほど前に富良野で倉本聰さんと飲んだときに低気圧が異常に発達するこのごろの話になって、これは間違いなく地球温暖化の影響ですね、といったら倉本さんは、違うよ、地球高温化だよと僕の言葉を訂正した。温暖化という言葉には暖かくなって過ごしやすいといったイメージがあるが現実はもっと深刻だ。地球は高温化しているという。なるほど、と僕は同意した。危機感が全く足りない。この期に及んで石垣島に大型リゾートを計画している大和ハウスは地球高温化を促進することに何の配慮のかけらも持っていない企業なんだな。早いこと計画の凍結を決断しなければ、敵がだんだん増えることになる。このブログを始めとして、さまざまな人たちが石垣島の大和ハウスリゾート計画を非難し続けることになる。倉本さんが塾長を勤める富良野自然塾では農薬付けになったゴルフ場の跡地を元の森に戻そうと植樹を続けている。ぼくも一役買ったわけで、時代は代わったことに気づかないダイワハウスはバカである。バカは倒産しなければな直らんか。言ってみれば大和ハウスは人類の敵であるぞ。阪神淡路大震災後の住宅建設でぼろもうけした会社がそれをリゾートホテルの開発につぎ込もうとする姿はあまりにみっともない、恥ずかしい、下品で、最低で、おぞましい、たたられるぞ。

夕方帰宅すると留守番電話が入っていてた。録音を聞くと小学生の男の子の声だった。「オカア。今日はご飯炊いたほうがいいの? この電話聞いたら電話ちょうだい」といって切れた。間違い電話だった。ジーンときて、目頭が熱くなった。小学校低学年の男の子の声だった。勤めに出ている母親が帰るまでに炊飯器でご飯をたいて待っている男の子の顔が浮んだ。

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

核実験

北朝鮮が核実験かダイナマイト実験か知らんがなんかやったという。最後の切り札を切ったわけで、後が無くなった。なぜだろうか、日本もかつてそうだった。経済封鎖で韓国、中国、東南アジアを侵略した。当時の日本と違うのは北朝鮮には他国への侵略の意思がない事だ。人さらいや贋金つくり、麻薬つくり、すべて金正日体制を維持するためのものである。今度の爆破実験も体制維持のためだろう。アメリカは北朝鮮を武力攻撃するかどうかが今後の鍵となってきた。もしも攻撃をやったなら、日本にミサイルが飛んでくる可能性も無いわけではないが。

この実験で一番興奮しているのは、日本の改憲、核武装論者だな。きっと「それみたことか、これで改憲し、核武装だ」と鼻から煙をはいているだろう。この興奮状態に乗ってはいけない。いまでこそ冷静に構えなければ、日本は再び戦争の準備を始める。「美しい日本」を作るために、か。

| | コメント (0)

2006年10月 8日 (日)

フェイント低気圧と大和ハウスのリゾート開発

札幌に出かけ40分くらい車を走らせた時、ふと、ガスコンロでお茶を沸かしたあとに火を消したかどうかが分からなくなり、あわててUターンした。電話で火災案内を聞くと、我がアパート付近に消防車が出動していると言うではないか。「こりゃいかん、ついに火を出したか」と思うと体中の血液が尻から流れ出たように血の気がなくなった。スピード違反覚悟で車を飛ばして戻ってみると、消防車はいなかった。ガスコンロの火は消してあった。

昨日から北海道は低気圧のために大荒れの天気だ。釣りにも行けやしない。台風崩れの低気圧が北海道の東側を北上して、上空には寒気が流れ込み、峠や高い山で雪となった。つい2日前まで半袖シャツだったのが、一気にセーターが必要なくらいに気温が下がってしまった。この低気圧は北海道に近づいて急激に発達し、台風並みの968hPaまで気圧が下がった。北海道は涼しいのにどうしてこんなに低気圧が発達するのだろうか。確か、2年前にも似たようなことがあった。台風が温帯低気圧に変わり、北海道に接近したときに、ロシア方面の冷たい空気を吸い込んだ。暖かい空気と冷たい空気がぶつかって、低気圧は突然変異の怪物に姿を変えた。樽前山ろくの森林は大木が広範囲で倒れ、大量破壊兵器でやられたような姿になってしまった。今回も同じ現象が起きたようだ。特にオホーツク海側がやられた。こんなに海が荒れたのは見たことが無いとテレビでやっていた。

地球温暖化に違いない。南で水蒸気をたっぷり吸った台風が北海道まで来て、衰えたと見せかけてフェイントをかけたとたん、猛烈な低気圧に姿を変えたのだ。地球温暖化は避けられない状態まで来てしまったようだ。もうだめだ。諦めよう。こんな地球にした人間が悪かったのだ。森林を破壊して、石油を使って二酸化炭素を排出し続けた人間にばちが当たるのだ。待てよ、人間が滅んだら地球は元の姿に戻るんだな。野生動物や植物、自然と共生している先住民の友人たちは生き残るんだな。それならそれでいいよ。我々は所詮余計なブツでしかないんだよ。地球にとっては。早く消えようか。所詮、この世は儚い夢の世界。何がいまさら石垣島のリゾート開発よ。大和ハウスのバカタレドモが。

最近の日記は何かにつけて石垣島の大和ハウスリゾート開発のことになるな。これも因縁だからしょうがねえ。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

浜崎の奥さん

石垣島の息子から携帯メールで魚の写真が送られてきた。キンメダイのようなおいしそうな20センチくらいの魚だった。なんという魚かと訊くと「浜崎の奥さん」という魚だという。石垣島には魚にニックネームをつける名人がいるらしい。息子は来年には卒業するので部活動もおわり学友たちと寸暇を惜しむように遊びまくっている。島の高校生は卒業するとほとんどが島を出て行くらしい。しかし、何年かすると島の良さを見直して島に戻ってくるのも多いという。卒業まであと5ヶ月。石垣島に息子は育ててもらった。皆さんには感謝してもしきれない。

そのオヤジはというと仕事の合間をぬって支笏湖にかよっており、今日は久々のマルチヒット! 36センチのブラウントラウトと50センチのレインボートラウト。2匹とも名前が横文字で情緒がない。北と南で親子合わせて1メートルと6センチの釣果。

それにしても「浜崎の奥さん」は目が大きくて体が赤い美人であった。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »