« 寓話 米原海岸の海亀 | トップページ | フェイント低気圧と大和ハウスのリゾート開発 »

2006年10月 5日 (木)

浜崎の奥さん

石垣島の息子から携帯メールで魚の写真が送られてきた。キンメダイのようなおいしそうな20センチくらいの魚だった。なんという魚かと訊くと「浜崎の奥さん」という魚だという。石垣島には魚にニックネームをつける名人がいるらしい。息子は来年には卒業するので部活動もおわり学友たちと寸暇を惜しむように遊びまくっている。島の高校生は卒業するとほとんどが島を出て行くらしい。しかし、何年かすると島の良さを見直して島に戻ってくるのも多いという。卒業まであと5ヶ月。石垣島に息子は育ててもらった。皆さんには感謝してもしきれない。

そのオヤジはというと仕事の合間をぬって支笏湖にかよっており、今日は久々のマルチヒット! 36センチのブラウントラウトと50センチのレインボートラウト。2匹とも名前が横文字で情緒がない。北と南で親子合わせて1メートルと6センチの釣果。

それにしても「浜崎の奥さん」は目が大きくて体が赤い美人であった。

|

« 寓話 米原海岸の海亀 | トップページ | フェイント低気圧と大和ハウスのリゾート開発 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。