« 都市景観 | トップページ | 大和ハウス石垣島のリゾートホテル建設強行へ »

2006年12月25日 (月)

年の瀬

インクジェットの年賀状を買ったつもりが普通紙だった。ところが少しざらついた風合いがかえっていいかもしれない。来年も成り行きしだいの年になりそうだ。できれば新作のドキュメンタリー「波の記憶---新城康弘の物語」を宮古島、那覇、福岡、大阪、東京、と最後に北海道で上映したい。と漠然と考えている。自然体で、ときには過激に、時には温和に、あるときは沖縄にまたあるときは北海道に。神出鬼没、七転び八起き、待てば海路の日よりあり。そんなふうに過ごしたい。俊敏と忍耐を兼ね備えた自分でいたいと思っている。家族4人、それぞれ方向性が見えてきたのが、一番の収穫だった。早くも一年を振り返るときになってしまった。

|

« 都市景観 | トップページ | 大和ハウス石垣島のリゾートホテル建設強行へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。