« 大和ハウスが破壊する石垣島の将来 | トップページ | 翻訳ソフト »

2007年2月22日 (木)

事件簿-置き去りにされた母子

苫小牧市内で発生した事件はなんともやりきれない。

21歳の若い母親が幼い子どもをアパートの一室に置いたまま長期間留守にした。結果は報道されているように、、母親は付き合っている男性宅の物置にダンボールにいれた遺体を放置した。幼児はミイラ化した状態で放置されていた。児童相談所は母親の言動を不審に思い、警察に通報したことからこの事件は発覚した。

この事件、大方の意見は母親の育児放棄事件としてみなされている。一部では死体遺棄のほか傷害致死事件に発展するのでは、との見方もある。

育児放棄した原因は何なのか。なぜ、若い母親は我が子を死に追いやってしまったのか。この母親は3人の子供を生み、すでに次男は死亡、長男は児童相談所に保護されている。

鬼畜のごとき母親であることは間違いない。その鬼畜を育てたのは誰であろう我々ではないのだろうか。この社会がこの母親を鬼のごとく育ててしまったのでは、という疑問が頭から離れない。閉鎖社会が起した典型的な事件である。私たち日本人は戦後、経済成長を社会の目標に掲げ、大量生産、大量廃棄を何の疑問を持たず邁進してきた。使い捨てライター、使い捨てカメラ、使い捨てがはやったことはそんなに遠い過去ではない。

自分の息子を見ていても、この子に子供を育てられると思うかと問われたら、正直自信が無い。

まさか自分の子どもを使い捨てにする母親が自分の住む町で育ってきたかと思うと、やはりやりきれない。我が息子とは一歳違いのこの母親を育てた我々の責任は大きい。

すでに手遅れなのかそれともまだ間に合うのか。高度経済成長時代をわき目も振らず働いてきたお父さんたちにも退職後、もう一度社会の原点を見つめなおして欲しい。

社会は母親を置き去りにし、その母親は我が子を置き去りにした。

|

« 大和ハウスが破壊する石垣島の将来 | トップページ | 翻訳ソフト »

コメント

「おもちゃだから。」そう言って置いていった袋の中には二男の遺骨が入っていました。
苫小牧の幼児死体遺棄事件で逮捕された母親が二男の遺骨も当時交際していた男性の家に置いていたこと
がわかりました。
交際相手の男性の父親は「ちょうどあの犬のエサがあるあたり、おもちゃだと思ってしばらく置いてあっ
た。」と証言しています。
幼い子供2人を家に置き去りにし、死んだ三男の遺体を当時の交際相手の物置に隠した山崎愛美容疑者。
しかし、山崎容疑者がこの家に放置したのは三男の遺体だけではなかった。
同じく父親は「遺骨は陶器の箱に入って写真は写真立てにはいっていた」と当時の様子を語っています。
「おもちゃが入っている」山崎は去年10月そう言って数年前に死亡した二男の遺骨までも交際していた
男性の家に放置していました。
さらに父親は「子供のおもちゃもあったんだけど、無造作に捨ててあった。2ヶ月前くらいだと思う。
信じられない」と唖然とした表情です。犬のエサとともに放置された二男の遺骨と遺影。
それでは、位牌はどこにあったのか・・・。父親によると「位牌は入って右側カラーボックスのところに
置いてあった。位牌くらい持っていけば良いのにと・・・」位牌は山崎容疑者が去年12月まで住んで
いた市営住宅に置き去りにされていた。この市営住宅は山崎容疑者が長男と三男をおよそ1ヶ月置き去り
にし三男が死亡していた現場でもある。「ティッシュが散乱。フローリングには吐いたものか排泄物とか
・・・」唯一生きている山崎容疑者の長男はどんな思いで二男の位牌、三男の遺体と過ごしていたのか。
そしてどんな目で母親である山崎容疑者を見ていたのだろうか・・・。

HTBニュースより 2007/02/22(木) 19:54

投稿: | 2007年2月25日 (日) 01時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事件簿-置き去りにされた母子:

» 産後ダイエットで産後にダイエットする方法を紹介します。 [産後ダイエット]
産後ダイエットは育児と並行して行うものなので、とにかく時間に制限があります。ダイエットだけの時間を取ると言うことはできませんし、生活の中心が赤ちゃんにあるので、なかなか難しいものです。 産後のそのような生活リズムの中でダイエットを成功させる秘訣は、育児生活の中でダイエットのエクササイズや食事を取り入れていくことです。 産後の生活の中でダイエットの時間を特に取らない、と言うことですね。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 01時49分

« 大和ハウスが破壊する石垣島の将来 | トップページ | 翻訳ソフト »