« 日本縦断の旅その三 | トップページ | 日本縦断の旅その五 »

2007年3月29日 (木)

日本縦断の旅その四

3月10日、鹿児島に上陸。始めて見る鹿児島の町並みに驚いた。寺院がやたらと大きい。県庁らしい建物も威圧感がある。江戸幕府を倒した薩摩藩の財力を見せつけられた気がする。かつて17世紀には琉球王国を侵略し支配に置いた薩摩の歴史を垣間見た。さっと見ただけで鹿児島市を離れ、一路われわれを乗せた一部改造エンジンを搭載したトヨタスターレットは宮崎県高千穂に向かった。タイヤにかなり大きな傷を見つけ、高速道路でパンクでもされたもんなら事故を起すと判断し、一般国道を内陸部へと進んだ。

山道には慣れているので鹿児島県と宮崎県との県境の山岳部の国道を選んだ。これが、大変な国道とはつゆ知らず、スターレットは山道を登り始めた。里山ののどかな村落を過ぎ、二車線道路が一車線へ、そのうちにだんだんと道は狭くなり、気がついたら標高800メートルの山道に変わっていた。カーブの連続で車がすれ違うのも困難な道となった。車は宮崎県椎葉村へと入った。沢の一部には雪が残っているではないか。所々、がけ崩れのあとがあり対向車もほとんどなくなった。2,3台とすれ違ったが、不思議に幅の広がったところで出会い、「運がいいね」とか同乗者はのん気なことを言っていた。

突然、「がけ崩れ通行止め、迂回せよ」の標識。国道を外れるとそこは林道。3時間もかけて来た山道を引き返す気力もなく、なすがままに進むざるを得ない状況。杉林の中に一軒家を見つけ、ほっとする。なぜか車内の音楽は「千と千尋の神隠し」がかかっていた。こんな山奥に新しい墓が一つ。何の事情でこんな山奥に暮らし、この山奥で一生を終えた人であろうか。平家の落人の末裔だろうか。峠を越えようやく麓の村にたどり着き燃料を補給した。沖縄ナンバーの車を珍しそうに店員が見ていた。

国生み伝説の高千穂で苔むした「くしふる神社」で参拝を済ませた。この神社は、アマテラスオオミカミの孫二ニギノミコトを祭っている。天孫族降臨の場所。二ニギノミコトが地球に到着した場所だな。

陽は西に傾き遅い昼食を道路沿いのドライブインでとる。店員のおばさんに大分県への道を尋ねると親切に近道を教えてくれた。ようやく九州の中間に差し掛かり日も暮れ始め、別府温泉の湯煙を横目に高速道路を北へと急いだ。タイヤに傷を負ったスターレットはよく走ってくれた。懐かしの関門海峡を渡ったのは午後7時過ぎだった。

続く!

|

« 日本縦断の旅その三 | トップページ | 日本縦断の旅その五 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本縦断の旅その四:

« 日本縦断の旅その三 | トップページ | 日本縦断の旅その五 »