« 日米銃撃事件 | トップページ | コタンコロカムイ »

2007年4月21日 (土)

湖の深呼吸

ドキュメンタリー監督の岡村淳監督に札幌の上映会場でお会いした。サンパウロ在住で20年ほど前にブラジルへ移住したそうだ。ブラジルの日本人移民をテーマに作品を発表している。撮影スタイルは僕と同じで単独である。上映作品は日本人神父がブラジル人のらい病患者を救う為に病院を建設し、患者との交流を描いたものであった。こうした社会問題を取材する為に岡村監督は、撮影対象者との信頼関係を結ぶことが大切であると語っていた。全く同感である。そうでなければ撮影される側の本音は聞き出せないし、作品からにじみ出る真実は映像を見る側には伝わってこない。

同類相憐れむところがあって共感するところが多かった。

「ドキュメンタリーでよく食べていけてますね」と質問すると

「あなたこそ、財産かなんかもってやってるんでしょう」

「いえいえ、岡村さんこそブラジルで悪いことやって稼いでるんでしょう」

などと、冗談を言い合って別れた。もっと話がしたかったが、いずれまたお会いできるような気がした。僕も海外に移住し、ドキュメンタリー制作したいと以前から思ってるので、うらやましい限りである。僕の場合も移住先はすでに決めてあるのだが、事情が許してはくれない。早くてあと4年先かな。僕が日本からいなくなると悲しむ人間より喜ぶやつらのほうが多そうだ。特に石垣島のリゾート開発を計画しているダイワハウス関係者なんかはね。もうしばらくは付き合うぜ。

北海道もようやく春めいてきた。湿原では白い衣を着たミズバショウが顔を出し始めた。僕の遊び場の支笏湖でも魚たちが時々ジャンプしたり釣りシーズンが近づいてきたことを知らせてくれている。春と秋に湖全体の水が大循環して湖底の水と表層の水が入れ替わる現象が見られことは、あまり知られていない。水温4度になると水は最も重くなり湖底へと沈む。表面の酸素をたっぷり含んだ水が沈み、湖底の水が表層へと上昇する。この現象を「湖の深呼吸」というそうだ。そうすることによって湖全体に酸素がいきわたる。支笏湖は最大水深が300メートルもあるので、この深呼吸なしでは湖の生物の数はずっと少なくなってしまうであろう。

自然は偉大であるなあ。

|

« 日米銃撃事件 | トップページ | コタンコロカムイ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖の深呼吸:

« 日米銃撃事件 | トップページ | コタンコロカムイ »