« 大和ハウスが企てる農地転用 | トップページ | ミートホープ騒動 »

2007年6月18日 (月)

映画「日本国憲法」

日曜日に久しぶりに札幌へ出かけた。上映会場は、明治か大正時代に建てられた洋風建築の元札幌高等裁判所で、現在は札幌市資料館となっていた。映画「日本国憲法」上映を友人のDさんから誘われていたからだ。監督はジャン・ユンカーマン。与那国のカジキマグロ漁師を描いた「老人と海」や9.11後に言語学ノーム・チョムスキーにインタビューした「チョムスキー9.11」を撮った人である。

映画のタイトルは日本国憲法だが、中身は憲法9条についてであった。憲法草案の作業にかかわった日系人女性、政治学者の日高六郎、ノームチョムスキー、沖縄の辺野古で米軍基地移転に反対する住民、東京の街頭での市民などインタビューを中心に構成され、憲法9条を守ろうとする立場から制作した作品だった。

社会学者の日高さんの話だっただろうか。アメリカの押し付け憲法といわれているが、明治憲法を少し変えただけの天皇制を維持した草案と現在の国民主権を中心にした草案の両方が提出されていたということだった。

改憲を主張する右派というより極右の人間たちが前面に押し出しているのが、押し付け憲法ではない日本人の作った憲法が必要だ、という一点である。

護憲派の私としてはこの論調を吹き飛ばすだけの理論武装が必要であると考えているが、この映画はこの点について実に見事に答えてくれた。確かにこの憲法はアメリカが生みの親であることには間違いない、しかし愚かな戦争を経験し二度と過ちを犯すまいと決心し、平和憲法を受け入れたのは我々日本国民であるということだ。いわば私たちは憲法の育ての親である。そして、憲法とは、国家権力が暴走し戦争を起させないための法律であり、権力者には改憲して戦争を起そうとする権利は無い、といったのは沖縄在住のアメリカ人政治学者ダグラス・スミス氏であったと記憶している。

安倍首相はすでにこの点において憲法違反を犯している。

人類がこれまでに持ったことのない最高の憲法を手にし、育て上げた私たちは日本国憲法にもっと誇りを持つべきだと思う。

改憲を肯定する若者たちにも分かって欲しい。武器で人を殺すことの恐ろしさを知って欲しい。武装することが戦争を呼ぶことを知って欲しい。知り合いの大学生は国を守る為には自らすすんで武器を取ると言った。この純粋な心をもった青年を利用しようとする改憲論者の安倍首相らの企みを私たちは許してはならない。

憲法に無関心な若者たちよ。今の憲法改正は間違いなく君たちを徴兵し戦場に送り、人殺しの道具として使おうとするとんでもない行為だぞ。戦場では肉片が飛び散り、首の無い死体が転がり、手足がもぎ取られた黒焦げになった死体が横たわるのだぞ。それでも君たちは「国土を守れ」とコーヒー片手にソファーでタバコを吸いながら叫ぶ政治家の為に死を覚悟できるのか。

武器を取る勇気より、武器を持たない勇気のほうがずっとずっとかっこいいと思う。我が息子たちにもこのDVDを贈ろう。2800円で平和を作れるのなら。

|

« 大和ハウスが企てる農地転用 | トップページ | ミートホープ騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「日本国憲法」:

« 大和ハウスが企てる農地転用 | トップページ | ミートホープ騒動 »