« 映画祭とジャズコンサート | トップページ | サヨナラ安倍総理 »

2007年8月28日 (火)

映画祭とジャズコンサートⅡ

先日、苫小牧にあるライブハウス「アミダ」でスウェーデンからジャズトリオがやってきた。ベース 森泰人、ピアノ トミー・コッテル、ドラムス ダービッド・スタンドビー の3人。 年に何回も苫小牧にやってくる森さんがいつも違うメンバーを連れて来る。このライブコンサートが素晴らしい演奏だった。静かにかつ自由に演奏をリードする森さんのベース、乗りのいい4ビートのリズムと美しいメロディーを伸びやかに表現するトミーのピアノ、自由かつ奔放にドラムを操るダービッドたちの制限の無い表現が聴衆の心を解き放った見事な演奏に、その夜は酔いしれた。 森さん率いるスカンジナビアコネクションはいつも期待を裏切らない。 また行こう。

ドイツのポツダムでは一泊69ユーロ(二人)のペンションに連れ合いと泊った。25年ぶりの夫婦での海外旅行だった。そこは映画祭関係者が何人か宿泊しており、スイス人でメキシコ在住のリリーさんもそのひとり。彼女はメキシコ先住民の生活をテーマにした[Body,Home,Mother Earth]を制作した。環境問題がテーマだった。最後の夜にイタリアンレストランで夕食を共にした。「私たちは作品作りを越えて 環境をテーマにプロジェクトをつくろうよ。」と提案した。そう、何かを始めなければ手遅れになると僕も思う。もう手遅れかもしれないが、何か行動を起さなければならない状況に有ることは間違いない。そんな時代に我々は突入している。今回は通訳として友人のD・Dさんが札幌から同行してくれたので、突っ込んだ論議を交わすことができた。彼女は「波の記憶」の英語字幕を担当してくれたし、さまざまな社会問題に関心を持つ人で、今回の旅では彼女自身も大いに刺激になったと話していたのが嬉しい。ノルウエーとナイジェリアの社会を比較した作品を制作したスペイン人のムニョスとはもっと話がしたかった。DVDを交換したのでそのうち彼の作品は僕の手元に届くことになっている。

映画祭のスタッフでポツダム在住の日本人りえさんには特にお世話になった。空港まで出迎えてくれたり、バスと電車のチケットまで用意してくれた。そのチケットのおかげで、毎日ポツダムの町の名所旧跡を歩き回った。特に印象に残っているのがブランデンブルグ通りの突き当たりにある古い教会(1730年代の建築物)の中に入ったときのことだった。女房は教会内の天井正面のフレスコ画をじっと見ていた。その時彼女は「ここでいつも私は救われていた」という感情がこみ上げて涙を流していた。その場は何とかこみ上げてくる感情を抑えられたそうだが、「だからポツダムに来たのだ」と思ったそうだ。不思議な体験だったそうだ。2年前は同じポツダムの宮殿の庭で僕はデジャブーを体験したことがあった。なんとも不思議な縁だな、このポツダムという町は。

第2次世界大戦の戦後処理を決めたポツダム会議の行われたホテルに行ったが、アメリカのトルーマン元大統領がこの部屋で原爆投下を決めたという場所にいって来た。彼はソ連のスターリン首相に会い、共産主義の南下を防ぐ目的で日本に原爆を投下したのだろう。すでに日本の敗戦は決定的だったにもかかわらずだ。今行われているイラク戦争もブッシュ大統領はイラクを日本のようにアメリカの傘下に組み入れられると楽観していたようだが、彼の浅知恵ではイスラムは容易には屈しないだろう。歴史は日本の敗戦から、朝鮮戦争、ベトナム戦争、そしてイラク戦争へと繋がっている。アメリカはいつになったら戦争をやめられるのだろうか。

今やアメリカは世界で一番アブナイ国となってしまった。そんなアメリカの尻にくっついている日本が情けない。

|

« 映画祭とジャズコンサート | トップページ | サヨナラ安倍総理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画祭とジャズコンサートⅡ:

« 映画祭とジャズコンサート | トップページ | サヨナラ安倍総理 »