« ピンポンダッシュ王子 | トップページ | 沖縄戦教科書検定問題 »

2007年9月28日 (金)

ジャーナリストの死

ビルマ(ミャンマー)でビデオ撮影中に兵士によって銃殺された長井健司さんに哀悼の意を捧げたい。

当初は流れ弾に当たったのではというニュースが流れたが、今日のニュースでは明らかに兵士が至近距離からライフルを発射していた。長井さんは撃った兵士を撮影していたのではないかと思われた。市民に銃口を向ける兵士を撮っていたように見えた。市民を抑圧する軍事政権の顔がそこに映っていたのだろうと思う。日本政府はこのビデオテープの返還を強く要求すべきだ。揺れる映像と共におそらく銃声が録音されているはずだ。福田新首相は強く抗議しなければならない。これ以上ビルマの軍事政権を許してはならない。ここで腰砕けの外交をやったんじゃ、やっぱりとばかり福田首相の人相そのまんまのだらしが無い政府の烙印が押されるだろう。

13年前になるが、メキシコで似たような場面に遭遇したのを思い出した。その時は先住民の武装蜂起の取材中でアメリカ人のカメラマンと移動中だった。町の中で出くわした政府軍の兵士に銃口を向けられたことがあった。その時は二人でその兵隊に大声を出して抗議した。幸いにも銃弾が飛んでくることは無かったが、今でもそのことが蘇ってくる。

長井さんはまさに命を懸けての取材中にビルマの地に倒れた。この日を忘れまい。

|

« ピンポンダッシュ王子 | トップページ | 沖縄戦教科書検定問題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリストの死:

» ミャンマーの軍事政権、北朝鮮と同じではないか [ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす]
ミャンマーで、APF通信社の契約社員、長井健司さんが取材中、軍の放った弾丸を受けてなくなったご冥福をお祈りいたします。ミャンマーというと私も2度ほど、ホンの短い時間だが、入ったことがあるのだが、首都のヤンゴンからは遠く離れた所に入っただけなのであまり大きなことは言えない。しかし、色々と日本に亡命しているミャンマー人の話を聞くと、言論統制はされている、秘密警察まがいの人物はいると、聞いているとまるで北朝鮮と一緒で�... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 23時00分

« ピンポンダッシュ王子 | トップページ | 沖縄戦教科書検定問題 »