« ドキュメンタリー映画「新・波の記憶」 | トップページ | 石油中毒患者に未来はあるのか »

2007年11月23日 (金)

「独学のすすめ」 谷川健一著について

副題は「時代を超えた巨人たち」 晶文社からでているこの本は南方熊楠、柳田国男、折口信夫、吉田東伍の民俗学者、沖縄の宮古、八重山の人頭税(にんとうぜい)廃止に携わった中村十作、笹森儀助の6人を取り上げた本だ。

平易な口語体で書かれた本で中学生にも読めるので是非おすすめの書物である。著者の谷川健一さんは、以前懇意にしていただいた詩人の谷川雁さんのお兄さんである。雁さんはすでに鬼門に入られているが谷川健一さんの著書は気になりながらもまだ読んだことはなかった。

知の巨人、南方は民俗学者というより博物学者としたほうが良いのかも知れない。「独学のすすめ」では柳田国男が只一人自分を超える人物として交流したエピソードなどが語られている。粘菌学者でもあり、菌の見本をキャラメル箱に入れて昭和天皇に献上した話は有名である。

それぞれ、独学で身を立て出世には全く興味を示さず自分の世界を世に知らしめたことが共通している。柳田は東京大学を卒業しているが法学部出身だ。

南方を除く5人は沖縄に魅せられそれぞれの仕事や人生に大きな影響を受けた。著者、谷川健一さんもそうである。

この本のなかで谷川さんの沖縄に対する視点を一文でいい得たこの言葉を紹介したい。

「沖縄と日本は兄弟である。母を同じくする兄弟であるが、しかし父が違う。母とは何か。言語民俗である。父とは何か。歴史である」

柳田は「海上の道」で沖縄は日本国のオリジン(起源)で日本は末であると書いている。

太平洋戦争後のアメリカ統治下にあった沖縄を柳田はこんなふうに書いている。

屋号「ヤポネシアビデオ」のヤポネシアの意味を代弁してくれているようで嬉しい。

ぼくはビデオの撮影や編集技術は独学である。谷川さんは独学についてこうも書いている。

「南方熊楠、柳田国男、折口信夫--三人とも人の真似をすることは大嫌いである。生理的にまで苦痛なのです。これは独創性のまぎれもない印であると私は考えますが、しかしながら独学者は、ややもすると偏狭な固定観念を作り上げてしまいます。独創邁進の精神は結構ですけれども、得てして独断に陥りやすいという弊害があります。---」

そしてこの弊害を克服する方法は「自然の大地に生きる生活民の知恵をこの三人とも重視しました」と書いている。

これからの仕事においておおいに参考となった。ぼくは生活民で、映像制作者である。石垣島の舟大工を描いた「波の記憶」の主人公は現在79歳。2000年になり70歳をこえてから22年ぶりに木造船作りを再開することになる。その間は漁師として生きてきた。50を超えたばかりぼくにとって、舟大工の人生はお手本そのものであった。苦労したであろう人生を彼の表情に見つけることは難しくない。カメラのまえで語った彼の人生はほんの一部であったのであろう。

「父の苦労を思い、涙なしでは見られなかった」というお便りをいただいた。本州に住む娘さんにとっては家族の見知らぬ生きいきと舟を作る父親がいたという。

石垣島をあとにして7ヶ月が過ぎた。ぼくにとって急激に都市化する石垣島はますます気になってしょうがない存在となっている。石垣市に本社がある八重山毎日新聞に、高校生が島の名所とともに大和ハウスがすすめるリゾート開発予定地を見学するツアーを企画した、という記事を昨日見つけた。自分たちの島の未来を自分たちの視線で見つめようとする若者たちの心にちょっと感動した。

谷川健一さんの「南島文学発生論」と柳田国男の「海上の道」をこの冬は読もうと思う。

|

« ドキュメンタリー映画「新・波の記憶」 | トップページ | 石油中毒患者に未来はあるのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「独学のすすめ」 谷川健一著について:

« ドキュメンタリー映画「新・波の記憶」 | トップページ | 石油中毒患者に未来はあるのか »