« 大連立? | トップページ | 大和リゾート15億円の利益水増し »

2007年11月 7日 (水)

小沢党首復活

野党の党首というのは与党が選挙で敗北したときに総理大臣になる、というのは当たり前のことである。

民主党はこれまで二大政党政治を目指して、国民にそうなるように訴えてきた。その民主党の党首が右翼思想のナベツネだか、ナカソネだかにそそのかされて自民党と手を組もうとした。

アメリカで言えばヒラリーが、ブッシュと手を組もうとしたのと同じだろう?違うかい。それもネオコンの大物に話を持ちかけられてだぜ。こんなスキャンダラスな事件はきいたことがないぜ。こうなったら、ヒラリーは政界から引退するしかないだろう?

反自民としては少しは期待した民主党だが、小沢民主はもうごめんだな。

小沢は革命家として力を発揮するだろうが、政治家としては向いてないような気がする。

たとえば毛沢東と周恩来。小沢は毛沢東であるな。今回のようなおもいつきで雑な判断をする彼に総理大臣を務めるセンスはない。もしも民主党が政権をとったら彼の役目は終わり。

|

« 大連立? | トップページ | 大和リゾート15億円の利益水増し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢党首復活:

« 大連立? | トップページ | 大和リゾート15億円の利益水増し »