« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月26日 (土)

石垣島からのお客さん

まったく雪の無かった苫小牧に一晩で30センチくらいの積雪。埃が吹き飛び、街が澄んだ空気に入れ替わった。石油高騰で苦しむ人々には追い討ちをかけるような寒波の到来でもあった。わがアパートは中古ながら断熱効果が高いので、年間の暖房費はかなり少なくて済んでいるので助かっている。

そんな寒さの中、石垣島からお客さんが来た。ダイビングショップを夫婦でやっている友人で、2日間、久しぶりの再会に会話が弾んだ。しかし、海水温が異常に上昇した昨年の夏、ダメージを受けたサンゴは広範囲で死滅しているそうだ。厳寒の北海道で、サンゴのことを忘れかけていたが、われわれには生き物たちの悲鳴はきこえてこない。静かに環境破壊は人間に忍び寄っていることを思い出させてくれた。

石油に代わるエネルギーとして、メタンハイドレードが浮上しているという。化石燃料の使いすぎがもたらす環境破壊に、人類はまだ懲りないらしい。化石燃料中毒の人類の欲望は、どこまでも底を知らないらしい。

民主党のガソリンの暫定税率を廃止するという主張。確かに道路作りは飽和状態ではある。人口が減少する傾向にある日本に、将来、立派な道路の「遺跡」が残ることになりはしなだろうか。イースター島のように。島の環境が破壊されて、残ったのは立派なモアイ像だけ。そんな日本の姿が、道路族の政治家たちには見えないようだ。道路は食えないぞ。

道路建設だけの税金はどう考えてもおかしい。

しかし、税率をアップしたままの方が環境にはいい。ガソリンや灯油が手に入りやすくなると、節約ムードがはじけて、石油製品高騰が二酸化炭素化の排出にブレーキをかけているところだが、石燃料中毒の我々には、火に油を注ぐ結果に終わりそうだ。

高所得者とそうでない我々にわけて税金を決めるわけにはいかないだろうか。

少なくとも、「趣味はドライブですぅ」なんていうバカには税金を高くかけてほしい。

将来の日本の姿を見据えた、税体系の枠組みを構築する必要がありそうだ。税金をもっと分かりやすく、我々が納得する使い方にする政治が日本には必要。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月22日 (火)

捨て犬その後

一週間ぶりに山へスキーに出かけた。捨てられた2匹の犬が気になって、簡単な焼き飯をつくり先週の場所に到着。クラクションを鳴らすがなかなか出てこない。やは厳寒に耐えられず死んでしまったのか。

スキーをかついで振り向くと、いたいた。道路の向こうの元営林署の小屋の前でじっとこっちを見ている一匹を発見。口笛を吹いて近寄っていくと、一目散に逃げ出した。あれっ、この前の犬とは違うやつか。大きさや色からすると間違いないが、尻尾を振りふり寄ってきたこの前とは随分と様子が違う。

道路を渡り、スキーを履き口笛をふくが遠くでじっとこっちの様子をうかがっている。一匹しか居なかった。木の根元に持ってきた弁当箱の中身を置いて、森の中へ。

食べに来るだろうか、それともキツネに先を越されはしないかと気にしながら丸山の頂上へと向かった。

一時間半後

先ほどの場所に戻ると、焼き飯はきれいになくなっていた。

スキーを車に積んで帰ろうとUターンすると、2匹がこっちをじっと見ていた。エンジン音にびっくりするように俊敏な動きで森の奥に消えていった。一週間前よりも元気になっていたようだ。

今年の冬は気温が低いわりには雪が極端に少ない。例年なら一メートルは越えている積雪は20センチくらいしかない。

来週も弁当を持ってスキーに行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

捨て犬と人類の未来

一年ぶりに山でスキーを楽しんできた。ところが、どうも捨てられたらしい犬2匹を見つけた。

支笏湖に近い国道交差点の空き地に駐車した。しばらくすると小型の犬2匹が尻尾を振って寄って来るではないか。一見して野犬ではないことが分かる。2匹を振り返りつつスキーにでかけた。一時間後、目的地の丸山に到着。弁当をたべるつもりでいたが、2匹が気になって弁当は食べずに車に戻った。

エンジンをかけて、クラクションを鳴らした。しばらくすると2匹が現れ、また尻尾をふりふりよってくる。弁当を半分に分けて投げると2匹は玉子焼きと白めしに飛びついた。

近くにNTTの携帯電話中継基地が建設中だったので、もしかしたら工事にやってくる人たちが弁当のあまりをわけてやってくれしないかとかすかな期待をもちつつ、帰路に着いた。

最低気温はおそらくマイナス20度くらいまで下がっているだろうが、2匹はいつまで生き残れるのか。

人類の近未来を見るようで放って置けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

米軍への給油に反対しよう!

自民と公明党はイラク戦争に参加するアメリカ軍艦への給油を再び認める法律を国会で成立させてしまった。

こんな理不尽な法律を堂々と私たちの目のまえで承認した自民、公明政権は腐りきっている。一部の民主党もである。

大量破壊兵器もイラクには無かったにもかかわらず、アメリカは国連の承認もなしにイラク攻撃を始めて、これまでに数十万人の罪の無いイラク市民を殺戮した。棺おけに片足を突っ込んでいるアメリカのブッシュ政権のふんどし担ぎに手を貸す日本の政治屋たちにはもう何も期待しない。

国際貢献という名のアメリカブッシュ政権への日本政府の貢献は、イラク市民の犠牲者を増やし、日本人を戦争犯罪の共犯者といわれても仕方がない。

日本政府はイラク戦争終結への外交努力もせず、アメリカへの給油イコール国際貢献などという。選挙管理内閣の福田首相に期待するのが間違っているが、平和外交を福田内閣の外務大臣、あれ名前名といったっけ、貧乏神みたいな人相の、そうそう、高村大臣にはそんな発想すらないのだろう。

アラブ諸国に呼びかけ、アラブ主導による紛争解決への話し合いの場を設置するとか。少しの働きかけもできんのか。無能政治家たちだ。まったく、役に立たん。

ブログを持つ全ての人たちは今回の給油法に反対する意思表示をしよう!そして、次の選挙で自民、公明の無能政治屋たちを政権から引きずりおろそうではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

マヤ暦の追記

なぜ、マヤ人は紀元前3114年を暦の始まりとしたのだろうか。

それは第4の太陽の時代が始まった年といわれているから。また太陽活動の周期を測るために観測していた金星の生まれた年としているが、信じる人はまずいないだろう。金星はそんなに新しい星ではない。

もしも第3の太陽の時代がおわった紀元前3114年ごろに地軸(地球の回転軸)のシフトがあったとしたら、金星の位置は地上から見た場合今とはまったく違う場所にあって、もしかしたら地軸の傾きが変わり、メキシコで金星が見えるようになったとすれば、金星が生まれたとされても理屈にかなうことになる。

マヤのカレンダーによると、いまの第4の太陽の時代が終わるのが西暦2012年の12月22日。その時に地軸のシフトがおこるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

     新年明けましておめでとうございます

     今年もどうぞ宜しくお願いいたします

       マヤ暦5122年律動の月20日

Dscn0204_3 ニジマス。支笏湖にて 5121年電気の月(西暦2007年10月)

時々こんなのも釣れる支笏湖。 釣り中毒は今年も治療不可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »