« 春一番コンサート | トップページ | 蕁麻疹 »

2008年5月11日 (日)

FMピパウシ

ピパウシとは沼貝のたくさんいる所というアイヌ語だそうだ。

北海道、平取町二風谷(びらとりちょう、にぶたに)にミニFM局ピパウシが誕生して今年で7年になるという。その放送局におじゃまし、ドキュメンタリー映画監督として生放送で10分間ほどの話をしてきた。

故萱野茂さんがアイヌ語の放送局を目指して2001年に開局、現在は息子さんの萱野志朗さんが引継ぎ、毎月一回の放送をやっている。

ログハウスの中にスタジオはあった。事務机を並べその上に、機材と4本のマイクが設置されてあった。スタッフの皆さんが和気藹々と楽しそうで気に入った。

しかし、当方、ラジオのマイクの前で話すのは初めてで、少々緊張した。インタビュアーの関さんの質問に答えたのだが、10分間の枠ではどうも収まりきれず、また来月に続きをやることになった。

もともと、話がへたくそなので、こんどはうまくまとめよう。インターネットでも聞けるそうだ。

なるべく次回が終わってからまとめて聞いてほしい。

|

« 春一番コンサート | トップページ | 蕁麻疹 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FMピパウシ:

« 春一番コンサート | トップページ | 蕁麻疹 »