« 先住民族アイヌ | トップページ | 出た釘を打つ人たちへ »

2008年6月 9日 (月)

エコファシズム

最近のニュースはエコ、エコと毎日毎日、G8関連の環境運動のニュースがやけに多くてさすがに耳にたこができた。

G8サミットはブッシュ大統領の思い通りにイラク問題がすっかり姿を消した。あれだけ世界にテロをばら撒いた張本人が日本に来るのに、まったくブッシュ批判は影も見当たらない。

それにしてもアキバの殺人は日本の社会を象徴するようで恐ろしい。隣人がテロリストに豹変する日本になってしまった。環境もいいが、これは相当根深い社会問題だぞ。どうしてこんな殺人犯を生む社会になったのか。誰か分析して早く解決策を打ち出してくれ!

話はエコに戻るが、今の日本、エコをやらないのは非国民扱いされそうで怖い。まるで、戦争中のスローガンを聞かされているようだ。去年の今頃はどれだけ環境に興味を持っていた人間がいたか。

来年の今頃、どれだけエコのニュースがテレビで取り上げられているだろうか。

20年前になるが、森林を伐採し環境を破壊する長野オリンピックに反対したとき、俺たちは非国民扱いだった。いまさらなにがエコか。腹が立つ。エコエコ人間には悪いが、環境破壊はG8サミットで解決できない。もう環境破壊は限界を超えてしまった。今の温暖化は20年前のCO2が引き起こしている。世界のCO2は今後少なくとも20年間は増え続けるのをG8は止められない。

G8は先進国の腹の探りあいで、各国首脳のポーカーゲームをやる駆け引きの場でしかない。”G8サミットを成功させよう”叫ぶ人たちはG8に何を期待しているのか、さっぱり伝わってこない。何をもってサミットは成功といえるのか。まったく不可解な世の中であるな。

|

« 先住民族アイヌ | トップページ | 出た釘を打つ人たちへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコファシズム:

« 先住民族アイヌ | トップページ | 出た釘を打つ人たちへ »