« カナダ先住民の少年 | トップページ | 福田首相が辞任 »

2008年8月28日 (木)

アフガンの悲劇

アフガニスタンでNGOペシャワール会の日本人、伊藤和也さんが拉致され遺体で見つかった。ペシャワール会はアフガニスタンでの活動が長く、現地でもその名前も知られていたようなので、無事に戻ってくるものと思っていたが、非常に残念でならない。

ペシャワール会の代表の中村哲さんは同郷でもあり、会の活動は以前から注目していただけになんとも痛ましい。

今年、苫小牧で中村さんの講演があったばかりだ。

中村さんは日本がアメリカ軍への給油活動を始めたことでアフガニスタン人の日本への反感が広がったと、その影響に苦慮していたようだ。

今回、その不安が現実となってしまった。

日本では国会の開催が決まったばかりで、会期中にはアメリカ軍への給油の延長する法案が自民、公明の与党により再び決まろうとしていた矢先の出来事だ。

日本政府に対するアフガニスタンの反米勢力による警告の可能性もある。

反米勢力と書いたが、アフガンではほとんどの人たちが反米勢力に違いない。誤爆と言いつつ平気で市民の上に爆弾を投下するアメリカにシンパシーを抱くこと自体が彼らにはありえない。

これ以上のアメリカ追随はやめろ。ネオコンたちが笑っているぞ「日本はちょろい」とな。

|

« カナダ先住民の少年 | トップページ | 福田首相が辞任 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフガンの悲劇:

« カナダ先住民の少年 | トップページ | 福田首相が辞任 »