« 中山国交大臣とアイヌ民族 | トップページ | 緒形拳と三浦和義の死について考えた »

2008年10月 8日 (水)

さらばアメリカ型資本主義

株の暴落に右往左往する政治家、経済人の姿や、株で大損した人たちの生気の消えた顔がテレビに映しだされた。

日本はこれ以上アメリカを追随すると、アメリカとともに沈没しかねない状況になってきた。

だから、言わんこっちゃない。

これで、米軍に給油し続ける法案なんか通したら、麻生首相、あんたはほんまにアホと言われてもしょうがないのであるぞ。

資本主義、時々、社会主義位のことでもしないと、持たないぞこの国は。フランス、ドイツなどヨーロッパを見習え。

と言っても、すでに政府は経済介入するほかないのだ。今までの資本主義は経済はすでに崩壊したも同じであるな。

それでいいんだよ。何も面子にこだわることはない。

胸を張って、「時々、社会主義も悪くはないぜ」とだみ声使って首相も腹をくくったらいい。

口が裂けてもそんなことはいえないだろうが。

で、我々は地元の野菜や肉、魚を食って嵐の通りすぎるのをじっと待てばいいのである。

自分で作って食っている人がうらやましい。

|

« 中山国交大臣とアイヌ民族 | トップページ | 緒形拳と三浦和義の死について考えた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらばアメリカ型資本主義:

« 中山国交大臣とアイヌ民族 | トップページ | 緒形拳と三浦和義の死について考えた »