« 筑紫さんは死ぬときを選んだ | トップページ | ブッシュ大統領に靴を投げたジャーナリスト »

2008年11月28日 (金)

大和ハウスの石垣島リゾート開発の裁判で判決

26日、那覇地裁で石垣島米原海岸で計画されている大和ハウスのリゾート開発に関する行政訴訟の判決が出た。http://www.y-mainichi.co.jp/news/12463/

この計画に反対する住民が開発予定地である農地をリゾート用地に石垣市が変更しないことを求めていたわけだが、結果は門前払い。原告の住民側は訴える資格はないというものであった。

まあ、日本の環境保護に対する司法は、この程度の低水準でしかないということをここでも表してくれたわけで、これは想定内の判決。

20年前の長野市の大和ハウスリゾート開発の裁判とまったく同じ。20年間、日本の裁判所はまったく進歩もないし、この裁判長は今の地球を取り巻く環境悪化をどう考えているのか。世間知らず、ノーテンキな判決に笑うしかない。もっと勉強しろ、裁判官。

しかし、すでにこの開発計画自体は続行不可能な状態であるのが現実で、開発を計画した大和ハウスの子会社大和リゾートは赤字経営、しかも今の世界の経済状態ではリゾートホテル客はおそらく予想を大幅に下回ることになっていたであろう。お化け屋敷のようにコンクリートむき出しのぶざまな姿が米原海岸に残されていたであろう。

大和ハウスは反対する住民に感謝状を贈ってもいい。計画どおりにホテルが建設されていたならば、大和ハウス本体の経営をも圧迫していたであろうに。

何がいまさらリゾート開発か。

本土資本による侵略行為は痛いほど沖縄の人たちは身にしみているはず。

これからは本当の八重山の良さを知る上質の観光客が石垣島を訪れる時代になる。

これからが石垣島の本領を発揮する時期に来ているのだ。がんばれ八重山。

|

« 筑紫さんは死ぬときを選んだ | トップページ | ブッシュ大統領に靴を投げたジャーナリスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和ハウスの石垣島リゾート開発の裁判で判決:

« 筑紫さんは死ぬときを選んだ | トップページ | ブッシュ大統領に靴を投げたジャーナリスト »