« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

怒り

一年のコリを解すため整体マッサージを生まれてはじめて受けた。

師曰く「背中の真ん中辺りが特にこってますね。怒りとかイライラが原因です」

私「あー、そうですか。わかりますか」

ドキュメンタリーを作るための原動力がそこにあるからだ。怒りとか憤りが私を突き動かすエネルギー源になっている。それが背中のこりとなって現れているらしい。

他の人にも同じことを言われた。私は怒りが普通の人より強い。

しかし、最近は私以上に怒っている人が増えた。昔読んだ本で「私憤と公憤」というのがあった。

私憤は個人的な怒りで、人間関係が理由の場合が多い。公憤とは麻生総理とか最近の総理大臣はどうしてあんなに馬鹿なんだ。という種類の怒りがある。これはなかなか解決できない。

少年時代に自分のかわいがった犬を殺された私憤が、いい加減大人になってからその怒りを公憤と勘違いし厚生労働省のエリートを殺した男がいた。小泉といったな。あの男は私憤と公憤の区別がつかなくなったのだろう。

憤りは言葉に出すことで、たいてい解決する。例えば、運転中にウインカーも出さずに割り込まれたら私は、大声で「このへたくそ、馬鹿たれ!」と怒鳴る。もちろん相手には聞こえないが、すっきりする。

公憤も解決には至らないが、テレビの前で「この総理大臣アホか、死ねこの」と怒鳴る。問題解決にはならないが、ストレスを発散させる。ちなみに「死ね」という言葉は私の故郷、北九州地方では日常会話に使うので、本気で死ねばいいとは思っていない。「ころすぞ」というのもよく使う。相手からきつい冗談を言われたときに言い返す場合など枕詞的に「ころすぞ」を使う。

時々飲みに行くライブハウス・アミダ様のマスターにこの話をしたら、大うけだった。二人でしこたま飲み、迎えに来た代行運転のおじさんにマスターがいきなり「ころすぞ」といったもんだから、さあ、たいへん。このときは「悪い冗談だよ」と私は必死になって言い訳した。

怒りを溜め込まない程度に発散するのが難しい時代になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

映画二作が完成した

カナダ先住民の抱えるリゾート開発問題をテーマにした「Quiet Struggle」(静かなる闘争)が完成した。85分の作品で来年早々には日本語の字幕を入れたのも できそうだ。カナダ西部のブリティッシュ・コロンビア州で計画されている大型リゾート開発計画に反対する人々。彼ら13人のインタビュー中心の作品となった。13人の中には日系人、アフリカ系アメリカ人、白人が含まれている。

Uvs081010026

Uvs081010019 Uvs081010020 Uvs081010021 Uvs081010022 Uvs081010024 Uvs081010030 Uvs081010025 Uvs081010028 Uvs081010027 Uvs081010031 Uvs081010029 Uvs081010023

この左に写る男が主人公。2000年以来、8年間。標高1000メートルの山の中で暮らしている。開発を阻止するために。ライフルで狙われたこともあった。それでも、彼は山小屋を動かない。カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州では、先住民族は二種類の法律が存在する。ひとつは州・連邦政府の法律でもうひとつは彼ら自身の伝統的な慣習的法律。先住民族伝統の領土が州政府によって簡単に開発許可が下されていく。開発によって、その土地から先住民は狩猟どころか、立ち入りも禁止され、伝統的な領土から追い出されていく現実。歴史を言葉を奪われ、命を落としていった人々たちはその現実にいかにして立ち向かっているのか。北海道にも共通する問題を探ったドキュメンタリー作品。

2010年には冬季オリンピックが彼らの元領土ウイスラースキー場で開催されることが決まっている。

もうひとつの映画は初のフィクション。タイトルは「忘月日記(ぼうげつにっき)」今年中には出演者らと試写会をやりたい。願わくば、来年、映画館での上映までこぎつけたい。ミステリアスなファンタジー映画で、社会問題にもピリッとスポットを効かせた作品と自負しているが。どうかな。52分作品。

最初のドキュメンタリーは6年越し、フィクションは3年越しの執念を練りこんだ映画であるぞ。誰にも文句は言わせない。そのつもりで関係者は見てほしいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

ブッシュ大統領に靴を投げたジャーナリスト

あらためて、イラクにおけるアメリカへの反感、怨念の深さを世界に見せ付けた映像だった。自分が同じ立場であったなら、同じことをやったな。

ジャーナリストは民衆の意思を代弁する仕事であるぞ。あっぱれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »