« 映画 忘月日記 上映会 終わる | トップページ | 映画 おくりびと を観た »

2009年1月23日 (金)

35年、18年、ぶりの再会

久しぶりの再会だった。

女房の実家で法事があり福岡経由で山口に行ってきた。

出発前にひと騒動。出かける直前に女房がぎっくり腰になった。テルミー療法でひとまず歩けるようにして、空路、福岡へ。空港から鍼灸治療院へ直行し治療。かなり持ち直しひと安心。

福岡市内のホテルで次男坊、弟と姪っ子ら5人で食事をした。姪っ子は事情があって、会うのは20年ぶりくらいか、初めてかどうだったか記憶が定かでないが、とにかく嬉しかった。次男坊はキックボクシングに目覚めて、ジムに通い始めたという。田舎育ちだったため、都会に出て自分の存在の小ささを自覚した。もっと自分を鍛えるんだそうだ。姪っ子は大学三年、活発で性格も明るく、将来は学校の先生になりたいと言っておった。僕のドキュメンタリー作品のDVDをあげるとびっくりして話に飛びついてきた。

あっという間の2時間だった。

翌日の法事を済ませた午後、故郷の小倉に出かけた。18年ぶりに同級生と会う約束をしていた。場所は同じ同級生が板長をやっている居酒屋だった。

小倉の町は高校時代とはまったく違った。駅前にはビル群が割拠し、モノレールが走っていた。この町を出る30数年前には駅からは小倉城が見えていたが、まったく姿はなかった。北側には大きなキャバレー(確か月世界とか名の)があった。それも無くなっていた。

改札口を出て同級生を待っていると、正面から鼻の穴に思いっきり人差し指を突っ込んだ男が歩いて近寄って来たので、思わずよけた。ちょっと殺気を感じた。

2,3分で同級生のI君はやってきた。再会を喜んで、モノレールに乗り込んだ。阪九フェリーとモノレールの車体に書いてあり、「そうか、フェリー会社がモノレール作ったんか?」と聞くと「違うっちゃ、宣伝ちゃ、第三セクターよ」という。すっかり小倉弁でしゃべっている自分がおかしかった。ぜんぜん俺の小倉弁もいけてた。

居酒屋にはいるとカウンターの向こうで、こっちをじっと見るサネがいた。

懐かしかった。俺の顔をみながら、「誰やったかのう、誰やったかのう」と名前が出てこないので、名刺を渡すと。「おー!トコか」「そうよ、懐かしいのう」と握手を交わした。

昔ばなしをしばらくした。去年、中学校の同窓会をやったという。いろんな人生があり、この世を去ったのも何人かいたのを知った。

「女の子は変わったやろうね」と聞くと「そうやね。10人のうち8人はもうだめや。でも、2人くらいはまだ若いまんまのがおるぞ」

そんなたわいのない会話で盛り上がった。

また同窓会をやるので今度は出席することを約束した。

もう一人の同級生I君は10年くらい前に県会議員選挙に2回立候補した男で、もう一回でたら当選していた。しかし、心筋梗塞で倒れ政治から足を洗った。今は全快し、酒もがんがん飲んでいた。「あいつはどうしてる」と聞くと、すぐに携帯電話のアドレスを見て電話した。選挙に出たので彼は多くのネットワークの情報を持っていた。これからは違う道を模索しているという。

同級生のI君は遠回りをしてまで、小倉駅まで送ってくれた。

再会を約束して別れた。

帰りの電車のなか、夢を見ているような気分だった。ふるさとは暖かかった。

|

« 映画 忘月日記 上映会 終わる | トップページ | 映画 おくりびと を観た »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35年、18年、ぶりの再会:

« 映画 忘月日記 上映会 終わる | トップページ | 映画 おくりびと を観た »