« 映画 おくりびと を観た | トップページ | 小沢一郎は検察と闘うべきだ »

2009年2月21日 (土)

中川元財務大臣の辞任は当然だが

最近続く自民党の大臣の辞任の仕方はあまりにお粗末だったが、中川財務大臣は笑わせてくれた。

辞めて当然だが、日本社会における風土が幾分関係しているように思えてきた。

人間にはだれでも失敗があって当たり前、というおおらかな前提が日本社会にはなくなってきたように感じる。もちろん今回の酔っ払い大臣を擁護する気持ちは毛頭ない。

中川大臣は、最後まで風邪薬が原因だったと釈明を繰り返してきた。これまでの異常行動が暴かれるにつれ、酒が原因だったことが証明されつつある。

風邪薬?誰がそんな子供じみた言い訳を信じるか。「国民を馬鹿にするのもいい加減にしろ!」 と思うのは私だけではないだろう。

しかし、人間だれしも間違いはある。という社会的土壌があれば、彼は、自分がアルコール中毒患者であったと告白できたのではないだろうか。

あれはどう見てもアル中。病院に行ったほうがいい。内科ではなく精神科に行くべきだ。地元の病院じゃあ、あれだろうから苫小牧の病院ならいい病院があるぞ。

国民の前で、自分はアルコール中毒患者であると表明したうえで謝罪し、一度議員辞職したほうがいい。一人の人間として、自分を見つめ直し治療に専念してもらいたい。

むしろ、アルコール中毒を克服し立ち直った後、もう一度政治の世界に戻ってくるのなら、彼を立派な候補者として認めようではないか。でもその可能性はないな。

しかしアメリカのイラク戦争を始めた失敗は、先住民虐殺の歴史とともに許されざる行為だった。イスラム世界を敵に回し、ブッシュは良識ある世界中の市民から史上最低の政治家の一人としてその烙印を押された。ブッシュ一味を戦争犯罪人とし国際法廷に告発する動きもあるとやら聞いた。そのブッシュ前大統領もアル中だったことを告白し、立ち直った。だからこそ、彼を支持した選挙人も少なからずいたのだろう。クリントンなんか職務中に若い女の子とやったんだぞ。アメリカには失敗に学ぶという社会的なおおらかさがあるのだろう。

失敗を許さない社会の雰囲気を感じたのは、私自身の経験からである。
私の長男坊は喧嘩が強く、中学生のころから高校生と喧嘩するほどだった。ところが近所の下級生を殴ってアザができ、PTA総会でつるし上げをくらった。それが原因で私たち一家は村八分にされた。それからその地域をおさらばしたのは言うまでもない。私らはさっさと逃げた。逃げるしか方法がないときは、撤退する。後に息子はこの経験がバネとなって現在の活力に変えることになる。

元気のよすぎた息子は、その後なん度か挫折を経験し、昨年、24歳にして突然のごとく立ち直った。今は二十歳のころ悪さをした全員中卒の友人達と会社を興し、役員となり自立の道を歩きはじめた。今では九州の大学に通う弟の学費の一部を負担するまでになった。

これまでに何度かこのブログに書いたが、挫折は若いうちに済ますのがいい。麻疹みたいなものだ。大人になっての挫折は回復が遅い。回復できず、最悪は自殺する例もある。民主党の元議員で偽メール事件で辞職した元エリートがそうだった。麻生首相がそうならないことを祈る。

麻生首相、早く辞めてくれ。葉巻くわえてカッコつけてる場合か。逃げるのも国民のためだぞ。

|

« 映画 おくりびと を観た | トップページ | 小沢一郎は検察と闘うべきだ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中川元財務大臣の辞任は当然だが:

» 少女【湊かなえ】 [本・月のうさぎ堂]
前作「告白」ほどの派手さはないですが、終章まで読んで、それまでの登場人物たちが見事につながるのです。これには、鳥肌がたちます。 [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 02時00分

« 映画 おくりびと を観た | トップページ | 小沢一郎は検察と闘うべきだ »