« 豚インフルエンザが来るぞ。 | トップページ | 松川賞を頂いた »

2009年4月26日 (日)

豚インフ 農水相は豚肉大丈夫だというが

豚インフルエンザはメキシコで81人の犠牲者をだしている。

前回、太陽黒点とインフルエンザ流行の因果関係はないだろうかと心配したが、関係があるかもしれない。

黒点がなくなると太陽活動が低下している証拠で、地球に届く太陽風が弱まる。すると地球を取り巻く宇宙線から地球を守っている太陽から届く陽子や電子の粒子でできているヴァンアレン帯が薄くなるという。すると地球に届く放射線、紫外線、赤外線とか宇宙からの生物に有害なものが大気圏内に降り注ぐらしい。

人体への影響は大きく。肉体的、精神的に変化が現れやすくなるという。近頃増えている家庭内殺人とか、通り魔事件、猟奇的な事件が多すぎるのもそうか。

インフルエンザのウイルスは宇宙起源という説があるというくらいだから、宇宙線には強いのだろうか。どうも宇宙と地上のウイルス、人体は深く関係していたらしいことが分かってきた。

太陽活動は約11年周期で強弱を繰り返している。大周期は2万5627年。

そしてメキシコのマヤ文明が滅んだのも太陽活動が衰えた時代だった。そのマヤ暦が2012年12月22日で終わる。

太陽活動の周期をマヤ人は知っていたらしい。その周期が終わるのが2012年である。そのときには地球大変動が来ると予測されている。

太陽や地球の磁場が変化するという。ひょっとして地軸の傾きが変わるらしい。すると南極や北極の氷が一度に解ける。そして、地震、津波が沿岸部を襲う。かくして今の文明は終わる。というシナリオが用意されている。

運のいい人は宇宙人が助けに来てくれるかもよ。日ごろの行いがいい人がね。自分だけ助かろうと思っている人間はまず助からない。

アトランティス文明もこうして終わった。生き残りが、メソポタミア、エジプト、インド、アメリカに渡り、現在の文明の基礎となった。

しかし、人類は滅亡しない。これまでも何回か試練を乗り越えてきたし、来るべき次の世界への準備をすでに始めている人たちがいる。若者に多いらしい。

来るべき世界は戦争、貧困、差別のない平和で幸福で安全な社会が待っている。

時々、UFOが目撃されているのは宇宙人が地球の変化を覗きに来ているのだそうだ。地球のこれからの変化は全宇宙的にも非常に稀なケースだという。

こんな話はすべて御伽噺である。「アミ 小さな宇宙人」という本にもそう書いてあった。

|

« 豚インフルエンザが来るぞ。 | トップページ | 松川賞を頂いた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフ 農水相は豚肉大丈夫だというが:

« 豚インフルエンザが来るぞ。 | トップページ | 松川賞を頂いた »