« 紋別市でも上映会  | トップページ | 衆議院選挙 »

2009年7月12日 (日)

札幌の上映会に感謝、感激

7月11日、札幌での上映会昼の部は私塾「エッちゃん塾」の15畳くらいの広さの部屋を会場にして行われた。手作りのポスター、手作りの垂れ幕が嬉しかった。

主催は「海ウシくん」と「山ネコどん」、協力は「やんすでごわす」のみなさん。なんだか宮沢賢治にでてくるような名前の皆さん手作りの上映会だった。みたところスタッフは全員が少年少女。上映の前になんと手作り獅子舞が披露されたのにはびっくりするやら、なんだかおめでたい気分。

気分よく上映前の挨拶をしたあと、銀幕にカウントダウンが開始され、黒の画面へと移った。ここで子供達の声で「ビーーー」とブザーが鳴り52分の「波の記憶---舟大工、新城康弘の物語」が始まった。

これまでに何回か上映会をやったが、反応は一番。石垣島での上映会を上回る観客のくすくすを笑う声や舟を作る場面では真剣に画面に集中する雰囲気が伝わってきた。

上映が終わるとみんなの拍手がすごかった。それだけでも嬉しかったが、これまた手作りの花束と手作りの賞状「すばらしいで賞」まで頂いた。それに手作りのお赤飯なんかまで炊いてくれて、皆さんにこの場を借りてお礼を申し上げたい。

また、ここで上映会やりたい! そんなみなさんの最高のホスピタリティーだった。

夜の部はピースボートの札幌事務所で新作の「静かなる闘い」も上映、こちらはしっとりと大人の雰囲気でこれも有意義な上映会となった。もって行ったDVDが完成ひとつ前のバージョンで一部字幕の間違いや解像度のやや低い画面だった。参加してくれた皆さんにこの場を借りて謝りたい。しかし、大方の雰囲気はそのままなので、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州の事実を超えた真実は伝わったようだ。先住民の抱える苦悩を超えた人間性のたくましさは私達に勇気を与えてくれたのではないだろうか、と自負している。

皆さんまた上映会で会いましょう。 サイナラ、サイナラ。 感謝。

|

« 紋別市でも上映会  | トップページ | 衆議院選挙 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の上映会に感謝、感激:

« 紋別市でも上映会  | トップページ | 衆議院選挙 »