« 民主党 CO2の25% 削減計画 | トップページ | 民主党の政治と私ら市民の役割 »

2009年9月24日 (木)

新外交政策と八ッ場ダム建設中止問題

最近ニュース番組を毎日欠かさず見るようになった。

今日は、鳩山首相と李明博大統領との握手の場面を見てちょっと感動した。韓国の大統領が笑顔満面に駆け寄り、日本の首相と握手をする姿をはじめて見たからだ。自民党時代とはこうも違うのかと改めて政権交代を実感した。オーストラリアのラッド首相との握手もそんな雰囲気だった。ロシアともいい感じだった。ただ米オバマ大統領はかなりさめていたように見えた。社交辞令の笑顔の範囲を超えてはいなかった。これまでの忠米的な政権からただの親米政権に変わったのが気に入らないのだろう。これまでの対米政策に一線を引くことや米軍艦船へのインド洋での給油をやめるといった政策がこの時点ですでに決まっていて、オバマ大統領はアメリカ国内に気を使ったようにも見えた。

あれでいいのだ。アメリカは日本が離れていくのが怖いのだろう。ヨーロッパはアメリカとは距離を置いており、日本に見捨てられるとアメリカは国際社会から孤立しかねない。そんな心理作戦でアメリカと渡り合い、インディアン狩り以来続く好戦的なアメリカ政治を変えようではないか。世界はもっと平和になるぞ。

問題は中国だな。この国はちょっとやそっとでは友愛外交は通用しない雰囲気だ。ロシアとの関係が好転すると中国がどう反応するか。まずはロシアだな。オセロゲームのようにはさみこむのが一番効く。

外交は面白くなってきたが、八ッ場ダム問題はテレビを見ていて納得がいかない。

本当に住民は建設中止に反対なのかどうかがニュースからは見えてこないからだ。中止を反対する住民の顔ぶれが知事、町長のほかは数人でいつも同じ顔がテレビにでてきているようだ。ほんとうは中止賛成なのにテレビのインタビューに答えると嫌がらせを受けるから出たくないという人たちが多いのが通常だ。こうなったら住民投票をやるかそれとも国交省は戸別訪問して声なき住民の意見を集めるのも方法がいいのかもしれない。

しかし、住民の精神的なケアーは必要だろう。国家に50年以上も振り回されてきたわけだから。

住民の説得にはお土産が必要だ。ダムの変わりに太陽光発電所か風力発電所を造るとか、川を利用した水車を作り観光に利用しながら蕎麦の脱穀をして長野原町を自然エネルギーを利用した蕎麦の街にするとか。何かしらの町おこしで住民が将来展望をもてるバックアップ政策が必要だ。

国家の政策のために犠牲になれ、というのは最悪で社会主義独裁国家がたどった道だけはさけるべきだが、建設中止反対が本当に住民の意見を代表しているのかどうかが知りたい。

現地の記者会見でテレ朝の芸能リポーターが食って掛かるように前原国交大臣に質問していた。政権交代で政治が身近になったいい例かもな。ちょっと笑えたね。

感情に流された報道は信頼を失う。

|

« 民主党 CO2の25% 削減計画 | トップページ | 民主党の政治と私ら市民の役割 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新外交政策と八ッ場ダム建設中止問題:

« 民主党 CO2の25% 削減計画 | トップページ | 民主党の政治と私ら市民の役割 »