« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

民主党政策を見極めるために

民主党政権が始まって100日余り、じっと我慢して様子をみている。

ガソリンの暫定税率廃止によるガソリン価格値下げ問題。半ば想定内ではあったが、車を仕事で使う者にとっては裏切られた感がある。しかし、このことが理由で民主党政治に見切りをつけるにはいささか自己中心的な偏狭さをさらすようで。あきらめよう。地球環境を考えるならば、まあいいだろう。許そう。

だったら言うなよ最初から、とマニフェストに愚痴のひとつも言いたいところだが---。

問題は普天間基地移転であるぞ。

戦後政治の大掃除と鳩山首相は明言した。明治時代から続く政治の転換とも言った。

明治政府によるいわゆる「琉球処分」で無血ではあったが武力をもって強制的に琉球政府を解体し、日本に組み込んだ歴史があるからだ。アメリカは普天間基地移転は解決済みとし、日本でも自民党をはじめ保守主義者はいまだに忠米的体質から脱却できず、日米関係を危機的状況と叫んでいる。これじゃあいつまでたっても激変する国際関係に置いていかれるわけだ。

マスコミもちょっとおかしい。普天間に関してはアメリカ寄りの報道姿勢が気になる。まさかアメリカの対日工作資金が日本のマスコミに流れてるって事はないだろうね。

アメリカは普天間基地ひとつで右往左往する日本の優柔不断さにあきれているだけだろう。すでに日本を跳び越して中国との駆け引きに躍起で、普天間基地が無くなってもどうってことはない。中米関係が緊密になればなるほど沖縄米軍基地の存在価値は薄れてくるだろうことは容易に考えられる。ましてや日中関係が緊密になれば何のための沖縄基地なの?ってことだ。

「普天間はグアムに移転してもらう」とひとことオバマに言ってみたらどうだ。そんな気概くらい持ってないのなら、鳩山政権とはオサラバしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月20日 (日)

海中転落事故から学ぶこと

怒涛の一週間だった。苫小牧東港のプレジャーボート転覆事故の第一報が入ったのは先週の金曜日の夜だった。6人の命が海に消えた。事故後、現場となった防波堤に立ち、不注意で人は命を落とすのだと肝に銘じた。

実は一月ほど前にこの事故の前触れのような防波堤転落事故が起こっていた。現場近くの防波堤から釣り人が転落したが、梯子を持っていた付近の釣り人が助け間一髪、一命を落とすところだった。

ボート転落の翌日の水温は9度以下、転落すると一分も命はもたないという。冬、釣人が堤防や岸壁から転落した場合、消防や海保のレスキューを呼んだとしても現場に到着したときはもう手遅れの場合がほとんどである。

危険だからといって釣りを全面禁止にすることはできないだろう。海中転落を前提とした危険排除の方策があってもいいのではないだろうか。緊急用の縄梯子をところどころに設置していたら転落者を救助できる確立はかなり高まるのではないか。海中転落するのは何も釣り人だけとは限らない。港湾労働者もその危険はある。

苫小牧市のレスキュウ隊が岸壁専用の梯子などの救助用具を使用するのを見たことがないが、そういった設備はないのだろうか。

港湾都市に住む住民として二度と起こってほしくない事故だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

上映会おわる

深々と降る雪の夜、十勝清水町の清水公園内のレストラン「シアンルル」で上映会を開催した。十数人の参加ではあったがたいへん有意義な上映会となった。

上映作品は「魂の涙」(15分)「静かなる闘い」(69分)。二本ともカナダ先住民の環境保護運動を取り上げた作品。

人々の生活基盤を揺るがす森を破壊するリゾート開発に立ち向かう生き様を追ったものだ。

これらの作品で僕が問うたのは、物質大量消費文明である。日本を始め欧米社会が突き進む大量生産・大量消費社会に対して先住民が訴える言葉には、圧倒的なリアリズムがある。

上映後、大自然の風光明媚なカナダのイメージが変わった人がいた。また、涙を流している人もいた。「ここまで生き延びてきた人々を思うと山の中で淡々と生きる主人公ヒュービーの姿に感動した」という。

「(何万、何百万の先住民を犠牲にした)文明の最後が近づいてきている。覚悟はできているか?」古老のそんなメッセージを我々は真剣に考えているのだろうか。

考えるだけではもう遅いのかもしれない。

上映会に参加した方々のおかげでこの映画が徐々にではあるけれど広がりを見せているのはうれしい限りで、上映会を主催したアグネスさんはじめ、会場を提供してくださったシアンルルのご夫妻には特に感謝を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »