« ドキュメンタリー「静かなる闘い」の感想をいただいた | トップページ | 究極の健康法 »

2010年3月10日 (水)

静かなる闘い 上映会を終えて

カナダ先住民の環境保護活動をテーマにしたドキュメンタリー映画「静かなる闘い-シュティカ 冬の魂」上映会がひと段落した。これまで東川町、浦河町、札幌市、苫小牧市、清水町、東京、海外ではベルリン、ウィーンで行なわれてきた。道内は浦河を除きプロジェクターを持参しての出前上映だった。

それぞれ手作りで皆さんの心温まる支援による上映会となった。改めて御礼申し上げたい。

映画の撮影場所がバンクーバーオリンピックの会場となったウィスラーやその近郊であったことで皆さんの関心が高かった。オリンピック開会式では先住民を前面にだした開会式で着飾った人たちの姿をニュースで見た。あれは演出されたもので、本当のカナダ先住民の姿を写し出してはいないことを「静かなる闘い」の中の人々は証明した。

ただ、先日会った先住民族アイヌの友人はこうも話していた「カナダはオリンピックの開会式で先住民が主役となった。誇らしかった」彼の気持ちを考えると反論する気持ちにはなれなかった。裏を返せば、あのような先住民への待遇は日本では考えられない。表向きではあっても先住民の存在を認めているカナダとほとんど無視している日本の差が余りに大きい。政府による先住民への過去の政策の誤りを認め賠償金を拠出するカナダと謝罪もせず賠償金も払わない日本政府。日本人として恥ずかしい思いをぬぐうことはできない。日本は先住民政策のスタートラインにさえ立っていない。共生を願うものにとって早くスタートラインに立つことを求めたい。北海道民として誇りを持って民主国家の一員になれる日はいつのことだろう。

浦河町の上映会で先住民族アイヌのおばあさんから質問を受けた。「アイヌ差別をどう思うか?」 一連の上映会で初めて受けた唯一の質問だった。

「この問題は避けては通れないことですね」と咄嗟に答えつつ「やはりこの質問が来たか」と内心緊張が走った。ぼくはこう答えた「差別はなくなったと言う人もいる。しかし差別は確かに存在していると思う。先住民アイヌと日本人との間には壁があるのは確かだ。そしてその壁の高さは見るものの立場によって違う。アイヌ側から見た壁は日本人から見た壁よりも数倍高く見えていると思う。だから差別される相手の側に立ってみることが必要だ。問題解決には新たな先住民族に関する法律制定と政府による歴史的謝罪が必要だ。そうするとお互いの顔が見える程度まで壁は低くなる」おおよそこんな話をした。

そして僕はこう付け加えた「もしもアイヌが映画の中に出てきたように山小屋を建てて抵抗運動を始めたときは真っ先に駆けつけます」 アイヌが何を求めてどこへ向かおうとしているのか。民族自決が優先される。それはわれわれ日本人にもとっても他人事ではない。

カナダ先住民の親友アルビンから先日メールが届いた。2012年にアラスカからメキシコのマヤ遺跡まで走るイベントが企画されていると言う内容だ。「静かなる闘い」の中でも長老の一人が語っている創造主たちが戻ってくる2012年だ。ハリウッド映画でも2012年は話題となっている。彼らは2012年が来るのを首を長くして待っている。日本の草の根運動をやっている人がいれば参加して欲しいという。ぼくは参加すると決めている。歩くスキーでトレーニングを始めている。2012年12月23日まで残すとこ1018日。

|

« ドキュメンタリー「静かなる闘い」の感想をいただいた | トップページ | 究極の健康法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静かなる闘い 上映会を終えて:

« ドキュメンタリー「静かなる闘い」の感想をいただいた | トップページ | 究極の健康法 »