« 再び ドキュメンタリー「静かなる闘い」 上映会のお知らせ | トップページ | 小田々豊(おだた ゆたか)さんのこと »

2010年4月24日 (土)

沖縄海兵隊は全てグアムへ行くのだ

このところ普天間基地移転問題を注視してきたが、日本のマスコミ報道姿勢にはアメリカ追従の姿勢が相変わらず続いている。

100年に一度の変革の時代といいながら一番変わるべきはマスメディアではなかろうか。

ワシントンポストが鳩山首相をこき下ろしただとかいう報道がそれを証明している。鳩山をかばうわけではないが、アメリカの報道をそのまま垂れ流すのもいい加減にうんざりだ。いつも記事に見かけるのは、アメリカ政府はこう言った。アメリカのメディアはこう伝えた。いつまでたっても日本のマスメディアは親(アメリカ)離れができない、いい年こいた30男のようだ。特に忠米派の産経とNHK。

そんなことよりもっと伝えるべきことがあるだろう。

普天間基地のある宜野湾市ホームページに掲載された独自の調査http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.htmlによると、沖縄海兵隊は2014年に向けてグアム移転にすでに行動を移しつつあるというのだ。かなり信憑性のある資料が書かれてある。すでに日本政府には伊波宜野湾市長がグアム移転を要請している。http://www.qab.co.jp/news/2010022316312.html

宜野湾市の調査能力は日本政府よりも優れているのかだ。それとも外務省は隠しているのか。情けない。

これだけの資料があるのになぜか、民主党政府も日本のマスメディアのこの事実をほとんど重視していない。宜野湾市の手に入れた資料でアメリカ政府にグアム移転を推進するように要求すればいいことだろう。

それともアメリカはごねまくって、いいだけ日本から思い遣り予算の金を搾り取ろういうのか。このままだとアメリカに骨の髄までしゃぶられるぞ。

そうなると辺野古にこだわるアメリカの理由が見えてくる。

鳩山はアメリカのその筋から脅されているのか、気を遣っているのか。わからん。沖縄基地問題で沖縄・アメリカ両方に気を遣う友愛なんてどこかにおいて来い。

さらに日本のマスメディアはアメリカから買収されているのか。

このままでは日本のマスメディアはアメリカに魂を売ったといわれてもしかたがないな。

しかも、今日2/24の報道ではアメリカは衛星に積む通常兵器を使って、2014年には世界のどこでも一時間以内に攻撃できることになるという。

ますます、沖縄に基地なんか必要なくなる。

しかしなんだか、アメリカのこの宇宙兵器がもとで世界第3次大戦の予感もする。

アメリカ先住民ホピ族の予言のシナリオに近づきつつあるのだろうか。

|

« 再び ドキュメンタリー「静かなる闘い」 上映会のお知らせ | トップページ | 小田々豊(おだた ゆたか)さんのこと »

コメント

こんにちは
はじめてこのブログを拝見しました。

昔同姓同名の人と参議院選挙を戦ったことがあります。私もあれ以降荒波にもまれてきました。

北海道・苫小牧などのキーワードでここに行き着きました。
私は今夏の参議院選挙に出ようと考えております。昔のようなやり方でなく草食系でやろうと考えております。
1995年に苫小牧在住だった床田和隆さんをもしご存知でしたら教えていただければ幸いです。
失礼いたしました。

投稿: 小田々豊 | 2010年5月 6日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄海兵隊は全てグアムへ行くのだ:

« 再び ドキュメンタリー「静かなる闘い」 上映会のお知らせ | トップページ | 小田々豊(おだた ゆたか)さんのこと »