« ドキュメンタリー 「静かなる闘い」 鎌倉で上映会 | トップページ | 普天間5月決着の意味ますます不明 »

2010年5月23日 (日)

結局、辺野古かい

沖縄県の皆さん大変申し訳ありません。大和の馬鹿殿のせいでこんな結末になってしまいました。

鳩山首相の情けない決断にさぞ怒りがこみ上げていることでしょう。

きっと最後はびびるぞ。鳩山が首相になったときから心配していた。最初は反米のふりをして票を稼いでおきながら、最後は寝返って沖縄を利用したのだ。

ガソリン税、高速道路、子供手当てと約束をほごにした反動は大きいぞ。

それに最後は普天間基地を辺野古へだと?  

本当にだまされた。沖縄県人でもないぼくがそうだから、沖縄の人たちにとっては許しがたい鳩山だろう。

何が鳩山を忠米に変えさせたのだろうか。

シモネタをCIAに握られたか。忠米派の外務省になだめられたか。

なにが明治維新以来の大掃除か。もうマニフェストは誰も信用しない。

裏切られた。

鳩山首相の政治生命も7月の参議院選挙で終わる。

民主党には愛想が尽きた。さようなら。

|

« ドキュメンタリー 「静かなる闘い」 鎌倉で上映会 | トップページ | 普天間5月決着の意味ますます不明 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局、辺野古かい:

« ドキュメンタリー 「静かなる闘い」 鎌倉で上映会 | トップページ | 普天間5月決着の意味ますます不明 »