« ハイダグワイ旅行記 その五 | トップページ | ハイダグワイ旅行記 その七 »

2010年7月18日 (日)

ハイダグワイ旅行記 その六

Spruce_2

スプルースはエゾマツと同種。北海道でも見慣れた樹ではあったが、その大きさに圧倒された。樹齢は500年をゆうに越えているように思われた。海岸から山に入り2時間ほどの鬱蒼とした森の中にこの樹はあった。

Spruce3_2 

Moss1 

枝から垂れ下がる苔はこの姿になるまでどれくらいの時間をかけたのだろう。 

片道1時間ほどの道のりだと聞いていたが、撮影しながらが3時間かけ目的地のスピリットレイクという名の湖に到着。湖というよりは山頂の窪地に水が溜まったような沼だった。スピリットと名の付くにふさわしい。おそらく5000年は姿を変えていない風景が目の前に広がっていた。

Spirit_lake

キツツキ、ハクトウワシが私たちを迎えてくれた。風の音と鳥の鳴き声以外は何も聞こえない。

|

« ハイダグワイ旅行記 その五 | トップページ | ハイダグワイ旅行記 その七 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイダグワイ旅行記 その六:

« ハイダグワイ旅行記 その五 | トップページ | ハイダグワイ旅行記 その七 »