« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

ウラン被害を語る会---アメリカ先住民ナバホ

ナバホのサンダンスチーフである
ノーマン・トゥーリーさんを迎えて、“緊急企画”ウラン採掘現地の実態に
ついてお話を聞く会が開かれる。

ニューメキシコ州からアリゾナ州にかけて、先住民が暮らす多くの土地では
ウランの露天掘りが行われていた。
記録にも残されないまま、数多くの採掘場が秘密裏のままになっている。
危険を知らせることもなくウランの採掘跡が放置されているため、地元の人々や
家畜は汚染された大地の水をいただき、その結果、周辺住民の間には「癌」などの
健康被害が増えていった。
ノーマンさんは地元ブルーギャップの採掘跡を何とかふさぎたいと思っているが、
アメリカ政府はこの事実を「無かった事」のように扱い続けている……。

日時:9月6日(月)19:00〜(開場18:30)
会場:エルプラザ2F環境研究室(2)北海道札幌市北区
北8条西3丁目   電話011-728-1222

会費:学生500円、一般800円

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月27日 (金)

小沢一郎出馬を歓迎する

今回の小沢一郎出馬のニュースをどんな思いで受け取ったでしょうか。

おそらくこれまでの新聞、テレビ報道が流し続けた「政治=金=小沢」の悪徳政治家のイメージで、「何で小沢が?」という人が多数でしょう。

しかし冷静になってみるとこれまでの西松建設、土地購入問題は何も違法性がないことが判ってきました。次回も間違いなく小沢一郎の起訴はないでしょう。

小沢が首相になると政権交代後、3人目はまずいという考えかたに惑わされては真の改革はできなくなります。菅首相ではこれまでの国民がアメリカに振り回され続けた自民党の政治とほとんど変わりはありません。彼にはアメリカ支配から脱却する度胸はありません。首相になってからの彼の何かにおびえたような態度にそれは表れています。

選挙中、菅首相が消費税を突然叫びだしたあの姿をみても、とても彼には日本を導くリーダーの資格はないと思います。

今回は、日本政治がアメリカ主導から脱却し、真の独立国家となるかどうかの大事な節目となる民主党代表選挙となるでしょう。

アメリカは日本がこれまでの忠米政権から全方位外交政権に変わることを一番嫌っていることは間違いありません。その急先鋒の小沢一郎を追い落とそうとして自民党政権末期以来、様ざまな妨害工作をしかけ、忠米組織であるマスコミを使ってきました。

日本を生かさず殺さずにして、太平洋における米軍の維持費を捻り出してきた事実に気付きましょう。

小沢一郎の顔はけっして主婦うけする顔ではありません。

しかし、

私たちはマスコミの「政治と金」の言葉を繰り返し使用して視聴者をマインドコントロールする小沢報道に騙されてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

興南高校優勝おめでとう

沖縄のみなさん、興南高校 夏の甲子園優勝 おめでとうございます!!!

この日をみなさんが何十年も待っていたことを考えると感無量です。

知り合いのいる石垣島でも、中継がおこなわれていた時間帯は町の中はガラガラだったそうです。

なによりも感心したのは選手たちのプレー中の自然な態度でした。投手島袋君の勝っているときも負けているときも平常心を忘れない、けっして驕らない態度に敬服しました。我喜屋監督のその姿勢が選手たちにも伝わっていたのでしょう。

島に帰ってからは喜びを爆発させてください。

これからの時代全てにおいて、オキナワの時代が到来したことを告げる興南高校の優勝だったと感じます。

基地問題も皆さんの思うとおりに解決に向かうと信じていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

驕(おご)るテレビマン

車のなかで聞いたラジオのトークにびっくりした。

FMの福山雅治のトーク番組で、日本テレビ「ニュースゼロ」という番組制作者がさらりと言ってのけた話。

福山「ニュース作りで一番大切なことはなんですか?」といった趣旨の質問に答えて。

担当者「恥ずかしいんですけど」と前置きして「日本を良くしようという世論作りを念頭に置いて我々はニュースを作っています」と言い放った。

おいおい日本テレビに日本の将来をきめる権利があるわけないだろう。とんでもない勘違い野郎だ。

「冷静に事実をそのままお茶の間に提供し、視聴者の皆さんに判断してもらいたい」とうそでもそんなことを言うのかと思ったのが大間違い。

しかも福山までが「坂本竜馬たちと同じですね」とかなんとかいって二人で盛り上がってちゃって。馬鹿に馬鹿をかぶせたようなトークで聞いてて恥ずかしいやら腹が立つやら。

しかも、日テレといえばフジテレと同様アメリカべったり、否、いまや米へ忠誠をつくした傀儡政権だった自公政権を擁護し続けた読売グループじゃあないか。戦時中CIAのスパイだったといわれる吉田、戦後アメリカの言いなりとなった岸の子孫たちである安部や麻生政権まで、日本人を米産軍政権の奴隷のようにこき使って、沖縄を捨て駒のごとく使い捨てにしてきた政権に後戻りさせようとでも言うのかい。日本人の血と汗と涙の結晶「郵便貯金」をアメリカに引き渡そうとした小泉ー竹中ラインの時代に逆流させようとするのかい。

世論操作をラジオで公言したテレビニュースマンはニュース担当から外すべきだ。理由は日テレの企業秘密をばらしたから。

新聞、テレビのニュースは斜に構えて読み見ることをお薦めする。

マスコミは、それとなく気づかないように我々をマインドコントロールしてくるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »