« 「エコノミックヒットマン」と「さらば日米同盟」 | トップページ | 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン »

2010年9月15日 (水)

民主党選挙

最後までマスコミのマインドコントロールが解けなかった党員、サポーターの差が今回の菅政権続投につながった。

民主党再出発の良い機会だったのだが、マスコミを含めアメリカ追従派の作戦が功を奏したわけだが、これで終わったわけではない気がする。

早晩、菅政権はほころびを隠せなくなるだろう。沖縄知事選が控えている。民主党に裏切られた沖縄県民の意思は反米一色になり、立候補を表明している宜野湾市長が新知事に選ばれるとぼくは期待を含めて予想している。アメリカに顔色をうかがう一方で沖縄県民の反米行動が菅政権を揺るがすことになるだろう。

経済政策でも「雇用、雇用、雇用」と絶叫した割にはさっぱり失業率は低迷したままで、菅政権は国民から見放されるだろう。

そうなったときに、やっぱり最後は小沢一郎かということになるのではないか。

日本は、南米の反米政権とまでは行かないが、これまでの日米軍事同盟による対米政策を転換し、思い切った経済政策で地方分権、国民本位を実行できる民主党が誕生することを願うばかりである。

|

« 「エコノミックヒットマン」と「さらば日米同盟」 | トップページ | 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党選挙:

« 「エコノミックヒットマン」と「さらば日米同盟」 | トップページ | 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン »