« 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン | トップページ | 小沢一郎、新・民主党をつくれ! »

2010年9月24日 (金)

菅首相のお笑い外交

大笑いした。あごが外れそうになった。尖閣諸島の海保の巡視船に衝突した漁船の船長が突然釈放されるという。

結果は予想の範囲だったが---。

しかし。前原外務大臣が決めたのかと思ったら、地方の検察が「私らの判断で」と記者会見で発表していた。

「うそだろ」 「何かの間違いだろう」 

何のために首相、外務大臣がいるんだ。

職場放棄だ。

しかも官房長官が苦し紛れに「こんなこともありうる」だと?

「ありえないって。あってはならない」

政府が地方の検察に外交を丸投げしてどうする?

素人でもわかるぞ。

前原外相の「冷静に」は何もしないことだった。

オバマは訪米中の菅首相にジョークを飛ばしたに違いない。

「プライムミニスター、カン。漁船の船長なんかさっさと返しちまえばいいんだよ。船に積んでる魚が腐って臭いだすぞ」とかなんとか。

ジョークを真に受けた菅首相は急いで電話で指示した。

「今すぐ船長を釈放せよ。アメリカの意向だ」とか。

菅、前原、岡田ラインはアメリカの言いなりだから有り得る。

だめだこりゃ。

あーあ、菅民主党政権は長くないと思ったが、予想よりこの政権は短いぞ。沖縄知事選までか。

領土問題、油田が絡んでいるにしても、中国の漁船の船長を取り返すための行動はみごとだった。海外の日本国民一人を取り返すのに日本政府のこれほどの努力をするだろうか。

少しは中国外交を見習え前原外務大臣。

この件で何も学習できなかった菅政権。

小沢一郎の一声が聞こえてきそうだ。

「バカが」

|

« 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン | トップページ | 小沢一郎、新・民主党をつくれ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相のお笑い外交:

« 「知里幸恵 銀のしずく記念館」がオープン | トップページ | 小沢一郎、新・民主党をつくれ! »