« 小沢一郎、新・民主党をつくれ! | トップページ | 産廃問題とワイルドサーモン »

2010年10月31日 (日)

「波の記憶-舟大工、新城康弘の物語」上映会の様子

紅葉と雪山とが一度に楽しめる晩秋の今日この頃。

「今頃からこんなに強い寒波が南下したら、クリスマスの頃はまだ支笏湖で釣りができるのでは、と不埒な考えをするのは、いけないと思いつつ、もう地球の将来を心配するのは捨てた」 

気象破壊の元凶、人類の滅亡でも地球消滅、どうにでもなれと、開き直って支笏湖に釣行を続ける釣りばかの独り言である。

鎌倉からすぐに報告を戴いたのであるが、このところ、没頭することがひと月ほど続いて、すっかりアップするのを忘れ、ずいぶん経ってからの上映会の報告

http://middles.net/event/event-page101002_r.html

です。 柴田さんおそくなってすいません。

ハワイの伝説的な双胴船ホクレア号の関係者も上映会に参加してくれた。

鎌倉に行く機会があったら、先住民系の民族雑貨などを置いているお薦めの店です。

まだ行ったことはありませんが。

|

« 小沢一郎、新・民主党をつくれ! | トップページ | 産廃問題とワイルドサーモン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「波の記憶-舟大工、新城康弘の物語」上映会の様子:

« 小沢一郎、新・民主党をつくれ! | トップページ | 産廃問題とワイルドサーモン »