« 君はワイルドサーモンを知っているか 続き | トップページ | 息子の就職と菅首相 »

2011年1月 1日 (土)

良いお年を

今年は期待した政権交代に裏切られたまま年を越そうとしている。

アメリカに魂を売った民主党にはもう用はない。

6月にカナダ・ハイダグワイ島で出会った巨木は数百年にわたる時代の変化をどう見つめてきたのだろうか。2011  レッドシーダーの大木でトーテムポールを削りだしていたあの兄弟たちは今頃何を思っているのだろうか。

この10年間、ドキュメンタリー制作に没頭し一区切りがついた。さて次の10年は何をしようかと考えていたところに11月に入って抜き差しならない状況に突入した。

オホーツク紋別の漁師、畠山さんが問題提起した産廃処分場とワイルドサーモン、そして先住民族の権利。

再び、ドキュメンタリーへ戻ろう。

良いお年を。

|

« 君はワイルドサーモンを知っているか 続き | トップページ | 息子の就職と菅首相 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良いお年を:

« 君はワイルドサーモンを知っているか 続き | トップページ | 息子の就職と菅首相 »