« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月28日 (月)

恐怖のプルサーマル

ドイツではバーデン・ビュルテンベルク州の議会選挙で原発廃止を訴える「緑の党」が大躍進した。

http://www.youtube.com/watch?v=yNBGUHQfAFo とhttp://www.cnic.jp/files/lec/20080529ban.pdf

原発・プルサーマルについての嘘を分かりやすく説明している。

原発がないと現在の生活水準が保てないと思い込んでる私たちは騙されているんですよ。

福島第一原子力発電所の3号機が再処理された核燃料(プルトニウム)を使用したプルサーマル発電を行っていることについてはインターネット上では早くから伝えられてきたが、今日になってテレビがようやく伝えはじめた。

「プルトニュウム漏れがないか調査を始めた」とテレビは伝えている。

遅すぎる。

いや、ほんとはもう調査済みでとんでもない数値が出ているのだろう。これまでのように恐怖の事実を小出しにする手口らしい。

日本の原子力発電所で始まっている使用済み核燃料プルトニュウムを再利用するプルサーマル計画について、電力会社、政府、マスコミは国民に真実を隠し続けてきたが、ネット上でこれだけ伝えられているとさすがに隠し切れなくなった。

電力会社の金蔓で事実をひた隠すマスコミより、これまでのしがらみから独立して真実を伝えるソーシャルメディアの役割が益々大きくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

水 食料 ガソリン 軽油

友人のヤンジー、山口幸雄さんが宮城県に災害ボランティア活動を始めた。

その様子がhttp://mouth-mountain.greenwebs.net/ で随時公開されている。

いまだに水、食料、ガソリン、軽油が不足している。

自衛隊の炊き出しが行われているが、おにぎり程度しか行き渡っていない場所があるという。

食料不足の情報を元に移動しながらカレーやラーメンの炊き出しを行っている。写真から被災地の様子が伝わる。

世界第3位の経済大国がなぜだ! 

政府に期待するのは止めよう。

ヤンジー組の活動資金も不足しているという。志ある方の資金援助をお願いします!

北洋銀行 当別支店
普通預金
0211688
山口 幸雄(ヤマグチユキオ

又は

ゆうちょ銀行
19000 14523101
ヤマグチ ユキオ

チームやんじー災害支援プロジェクト
災害救援ネットワーク北海道
山口幸雄 やんじー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

買い占めは略奪

今日、夕張から一人の医師が被災地に向かって出発した。小さな車に荷物が詰まっていた。夕張は全国から応援してもらったので、今度はそのお礼が出来るチャンスだという。また、「器具や薬品が不足する中での医療には慣れているので頑張ってきます」と言って、夕張をあとにした。

さわやかな気分で帰ってきてネットを拾ってみていたら、日本人は災害にあっても略奪行為をしなかったと海外で評判だと?

実際は、略奪する人間が大勢いたそうだ。それに略奪する前に買占めにみんな走ってるぜ。

ほとんど同じ行動だな。

被災者の皆さん、自分だけ助かろうとするアサマシイ者たちをどうか笑ってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

関東東北大震災

昨日の”涙を流す前に怒れ”はテレビのキャスターが泣いていたので彼に対してであり、我々に対してでもあるので誤解の無いように。

日本ではヘリコプターから救援物資を被災地に落とすことは法律で禁じられているとニュースが伝えていた。

インドネシアで出来たことがなぜ日本でできないのか。

超法規的処置があるだろう。

もどかしい。

この大災害で避難している国民の惨状が伝えられているのにこれでは救える命も助からない。

事態は天災から人災へと変わっている。

原発の建設労働者が内部告発している。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page1

福島原発事故、これは人災である。

これから起こるすべての原発事故は人災だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

涙を流す前に怒れ!

石油会社、食品会社はいったい何を考えているんだ!

被災地に石油を食料を無料で遅れ!

衣料会社は衣服を配布せよ!

菅政権は説明ばかりしてないで行動でよ!

国民を見殺しにする気か!

この期に及んで商売のことを考えてると不買運動をはじめるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

政府は嘘をつく

こんな悲惨な状況になるとは。何も出来ない自分がふがいない。何かしなければ。

先ほど自衛隊の災害派遣隊が苫小牧港を出発したのを撮影してきた。帰宅してテレビを見たら、昼間に枝野官房長官が言っていたこととは全然違う悪い放射能漏れの数字がどんどん出てきた。彼は初めから知っていたのだ。最悪の事態を隠しても後からどんどん言ったこととは違う事実が出てくる。隠してるな。

隠すといえば、天皇家の動向が不明だ。どこで何をしてるのか、普通だったら天皇の被災者へのお言葉くらいあるだろうが。

さてはどこかにお隠れになったな、東京を脱出したのかもしれない。それほど状況は最悪に向かっているということか?

国民には嘘をついて天皇家には本当のことを言ったか? 菅直人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

マスメディアとソーシャルメディアはどっちがプレスか

ニュースの現場で記者たちがPRESS○○新聞とか○○通信社とか××テレビとかの腕章をつけている。

”PRESS”って権力に圧をかけるからこう呼ぶんじゃあなかったか?

最近のニュースは権力に擦り寄るほうが多いね。

ソーシャルメディアの方がよっぽど”PRESS”って感じがするぞ。

真実を伝えだしたソーシャルメディアがマスメディアにとって変わった気がすると思わないかい?

リビアの映像なんかリアルタイムで伝えたのは全部インターネットだった。

市民はマスメディアからどんどん離れていく。

そういう俺もマスメディアの仕事を時々やってるから余計にそう思うのかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

アイヌ先住権と産業廃棄物処理場問題

3月4日の日曜日に北海道庁でアイヌ協会紋別支部長の畠山敏さんが産廃処分場の建設一時中断を求めて公害審査会に調停を申し入れた。

そのときの様子と記者会見を下のアドレスで公開を開始した。

http://www.youtube.com/watch?v=Kei86hSGMdU

アイヌ民族が先住権を公の場で求めるのは歴史上初めてのことになった。

これはアイヌ民族の復権運動ではない。元々、アイヌが持っていた権利を主張しただけである。権利は失効していないのを大多数のアイヌ、日本人は勘違いしていたのだ。

アイヌはサケを捕っていたという太古からの慣習を誰も否定することはできないのだから。

アイヌの皆さん、サケを捕ってもいいんです。あなたたちの食べる分くらい捕っても資源を管理するのであれば誰も文句を言う筋合いはないのです。いつまでも植民地のままの法律に固執する北海道であることがおかしいのです。

日本国が、国際社会が認める民主国家であると自負できるのであればね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »