« 被災地 二 | トップページ | 脱原発をめざすため国民投票を! »

2011年4月23日 (土)

被災地 三 脱原発に向けて

被災地への支援に個人、団体がそれぞれの立場でそれぞれができることをやり、小さな力が大きな力となって来たことを実感している。

と同時にここにきて、クニとはわれわれにとって何なのか、国家、政府はいったい我々の命を守ってくれるのかという疑問も湧いている。

自衛隊の派遣も政府は初期段階では少なめの派遣だった。すぐに修正し、菅首相はひんしゅくを買った。ヘリコプターで被災地への生活物資投下も法律に違反するために道路が開通するまで待たされた。灯油もなく、被災者は凍えて眠れぬ夜を何日も過ごすことを強いられた。

これが北海道だったらと思うとぞっとする。我々は凍死して被害は拡大しただろう。

GDP世界第三位のクニがこの程度の緊急行動しかできなかったのか、というのが国民の大多数の思いではないだろうか。

”心をひとつに”というスローガンが広がっている。増税のための布石だ。その前にできることがあるだろう?民主党が政権を奪取した当時のマニフェストを実行すれば増税回避は可能ではないのか?市民に被災地支援をさせておいてさらに増税か!

コミュニティのネットワークがあればクニは不要ではないのか、という疑問さえ湧いてくる今日この頃である。

「お前はアナキストか」と問われてもいっこうにかまわない。

結局は自分たちの命は自分たちで守るしかない。

仮設住宅もほとんどは手付かずで、今だに避難所生活だ。自民党の女性代議士が民主党の動きの遅さを批判していた。

もっともなご意見だ。しかし、福島原発事故はあんたたち自民党が進めてきた利権がらみの原子力行政が引き起こした人災だろう?東電が政財界、マスコミ、学会、周辺住民にばら撒いた金はいったいいくらなんだ! 

原発事故については民主党への批判を聞かない。自民党は原子炉が冷えるのを静かに待つしかないのだろう。民主党にだって東電の金は流れているという。

最大の余震が関東東北地方を襲うのは時間の問題だ。その時のことを考えるだけでもぞっとする。いま目の前に広がる平和な町がいつ被災地と同じ運命をたどるかわからない。

原発を全て廃止する時が来ているのが、分からないのかね。マスコミが伝える原発推進派の国民の数、半数以上だと? 多すぎると思うのはわしだけではないだろう。

誰だ!

恥を知れ、この期に及んで、まだ原発を容認する人類の敵は。いや、地球上すべての生き物を破滅に追い込もうとするバカタレは。

原発推進を反省し、方向転換したソフトバンクの孫社長に続く普通の頭をもった経営者がもっと現れることを切に願う。

被災地の悲惨な状況を見た人は人生観が変わる。

変えなければ。Fukushima_gennpatsu_photo8

        我々の町の近くにある原発がこうなる前に

     脱原発に向けて”心をひとつに”する時が来たのだ

       

|

« 被災地 二 | トップページ | 脱原発をめざすため国民投票を! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災地 三 脱原発に向けて:

« 被災地 二 | トップページ | 脱原発をめざすため国民投票を! »