« 民間災害ボランティアの活躍 | トップページ | 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 »

2011年6月28日 (火)

脱原発は可能、を証明するロラン島

デンマークのロラン島は1980年代に主力産業だった造船業が衰退した。そこで考えらたのが 環境エネルギー産業への転換だった。

2003年、風力発電の余剰電力で水素ガスと燃料電池を組み合わせた水素コミュニティーの実証実験を始めた。http://rh2.org/chapter03_03/

あるじゃあないか。

できるじゃないか。

以前から注目していたブラウンガスをエネルギーとした社会がすでに実用化の段階へと来ているのだ。

上のHPはブラウンガスではなくR水素とネーミングしていた。

小さな自治体ほど水素ガスコミュニティーの実現は早いという。

その気になれば15年後には日本でも絶対に実現できる社会であるぞ。

震災被害地の東北で実験を始めるのだ。

民主党政権はこれを脱原発を前面に次の総選挙を戦えばまだ生き残れる可能性はある。菅はお引取りねがうが。

原発の早期再開を口にした海江田大臣の次はないだろう。アメリカの飼い犬同然の前原が首相になるのなら、いよいよ「さようなら民主党」である。

原子力を捨てられない連中、自民党の石原なんかはきっと、日本は核兵器を持って中国や北朝鮮に対抗すべきだ、という被害妄想的な発想からだろう。自民党でだけではない。軍事産業で飯を食う戦争屋というのは欧米日本、世界中にいるのだ。

そのうちに社会から見捨てられる旧人類、生きた化石としてウィキペディアに登場するであろう哀れな存在である。

石油にしろ原子力にしろ地下資源の争奪は戦争を引き起こす原因となってきたし、ウラン鉱山は先住民の居住地区と重なり、多くのがん患者が先住民に限らず今も苦しんでいる。

風力と太陽光発電、水素ガスと燃料電池が世界を救う。日本がすでに技術を持っている分野ばかりだ。

パラダイムシフトは静かに世界のあちこちで始まっている。

自然エネルギーの流れが支流から本流へと動き出すかどうか、人間は生き残るのか滅亡するのか、今ボーダーライン上にいる。

|

« 民間災害ボランティアの活躍 | トップページ | 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発は可能、を証明するロラン島:

» 確認しておきたい重要なこと [東日本大震災に関する重要な情報]
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により各地で様々な被害が発生しております。 震災被害に遭われた被災地の皆様、被災者家族の皆様の 役立ちそうな情報をまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2011年6月30日 (木) 23時42分

« 民間災害ボランティアの活躍 | トップページ | 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 »