« テレビ無しの生活は静かでいいぞ | トップページ | 水素の時代が来るぞ―そして、電力会社は消えてなくなるだろう »

2011年7月30日 (土)

4万3千食を配給した”災害救援ネットワーク北海道”

東日本大震災の発生から4ヶ月、ずっと被災地で活動を続けている災害救援ネットワーク北海道http://mouth-mountain.greenwebs.net/の代表、

ヤンジー”と奥さんの”あぐねす”の二人に北海道のニセコ町で久しぶりに会ってきた。

Yanjii_and_agnes 二人は一回目の結婚記念日を被災地の宮城県で迎えた。被災地に3月に入り、これまでに4万3千食を配ってきたといYanjii_kare う。4ヶ月にわたり継続して現地で炊き出しのボランティアを続けているのはこのグループだけだという。この災害救援ネットワーク北海道の活動を支援する人々がいるからできたことだと二人は支援者に感謝していた。

しかし、被災地の悲惨な現状の話を聞くと菅直人政権の被災地救援がいかに間違っているかがわかった。

自衛隊の撤退は早すぎるとヤンジーは言う。いまだに水道が開通していない中で、自衛隊の給水活動に頼っている被災者は水の確保ができないという。最高気温30度を上回る中で水の確保でできないというのは死ねというのに等しい。

そして、今だに民間ボランティアの炊き出しを必要としている被災者が大勢いるという現実だ。政治には期待できないという現場の声があるのだ。政治家や官僚たちには災害はすでに過去のものとなったとでもいうのだろうか。

今の民主党 菅政権は自然エネルギーに夢中になっているがその前にやるべきことをやっていない。

被災地の国民を見殺しにする菅直人という総理大臣はポピュリズムにとりつかれた政治家と言われても仕方がない。

そう言われたくなければ、直ちに給水活動、炊き出しを再開すべきである。また、倉庫に山積みされたままの救援物資、とともにいまだに配られない義捐金、いったいこの国には普通の感覚をもった政治家、官僚はいないのだろうか。今すぐに被災地救済を再開せよ。

太陽エネルギーは二の次だ。復興の前にまだ救済を求めている国民がいるという段階なのだ。

今、危機に面している国民の命を救わずにどうする! 

放射能の拡散防止ととも政策の順番を今一度、整理しろ。

|

« テレビ無しの生活は静かでいいぞ | トップページ | 水素の時代が来るぞ―そして、電力会社は消えてなくなるだろう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4万3千食を配給した”災害救援ネットワーク北海道”:

« テレビ無しの生活は静かでいいぞ | トップページ | 水素の時代が来るぞ―そして、電力会社は消えてなくなるだろう »