« メールを強要した九州電力の”原発中毒患者” | トップページ | テレビ無しの生活は静かでいいぞ »

2011年7月18日 (月)

なでしこJAPANがワールドカップ決勝でアメリカを破った

こんなに”なでしこ達”が強かったとは。

正直言って、予選のイングランド戦で負けたときに次で消えるだろうと思っていた。

ドイツに小差で勝ち、スウェーデンに圧勝した時、これはもしかしてと誰もが思ったに違いない。

期待したとおりの見事な決勝戦だった。感動した。

試合後に米国ワンバック選手が「日本には何かが憑いていたみたいだった」という負け惜しみのよう発言をしていたが、そうではない。今回のワールドカップを見ればなでしこの実力勝ちだ。

コパアメリカの男子の世界でもブラジル、アルゼンチンが姿を消し、世界の格差は確実に壁がなくなっているのを感じる。

アジアの各国にとっては日本という身近な目標ができたわけで、うかうかしてもいられない。

試合後に必ず見せた横断幕、世界中への感謝の気持ちが観客を味方につけたのかもしれないが、それにしても、なでしこは強かった。

決勝の試合最後に出てきたカワイイ岩淵から見れば、おじさんのようなワンバック選手を相手に勝ったわけで、正直男だけだと思っていたサッカーが女子サッカーを見る楽しみが増えて、これまでより倍も四倍も面白くなった。

三浦カズはテレビのインタビューに答えて、「なでしこにサッカーでもっとも大切な事を教えてもらった」と正直な本音の言葉を口にしていた。そのとおりだ。

宮間、沢が決めた執念のシュートは男子サッカーにも大きな影響を与えたに違いない。

次はまずブラジル行きを決めてくれ、JAPAN。

アメリカを破ってくれたなでしこ、溜飲を下げたのは俺だけか。

沖縄県民の反応もテレビで見たかった。

|

« メールを強要した九州電力の”原発中毒患者” | トップページ | テレビ無しの生活は静かでいいぞ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこJAPANがワールドカップ決勝でアメリカを破った:

« メールを強要した九州電力の”原発中毒患者” | トップページ | テレビ無しの生活は静かでいいぞ »