« 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 | トップページ | なでしこJAPANがワールドカップ決勝でアメリカを破った »

2011年7月 7日 (木)

メールを強要した九州電力の”原発中毒患者”

自民党石原幹事長は、脱原発をめざす市民運動をヒステリーと蔑んだ。ならば、九州電力のやらせメール行動はなんと名付けてくれるのか。

なにも言わない原発推進派の石原に代わり、我輩が「原発中毒」と名付けよう。

なぜ、電力会社はこうまでして原発に依存するのか?

そんなに原発がおいしいのか? 

そういえば、北海道電力の泊原発のPR館ではプルトニウムは飲んでも無害だ説明した原発中毒患者の職員がいた。まだ居るのかな。

全国の皆さん、世界の皆さん、笑ってやってください。これは本当のことなんです。

もう電力会社の職員は人間の皮を被った悪魔としか言いようがありませんな。

電力会社はなぜに他の自然エネルギーへの転換ができないのだろうか。

ソフトバンクや他の商社に先を越されて時代に乗り遅れ、世間に見捨てられてしまうぞ。このままでは。

電力業界で生き残りたいのなら、知恵を絞れ。

このブログでなんどもヒントを教えているではないか。

原発産業はすでに斜陽化が決定的になった感がある。いや、九電幹部社員のメールが原発に引導を渡した。

地震国日本で原発は人間のコントロールがきかないこの上なく危険な化け物なのだ。

メールを打った社員はもう会社にはいられないだろう。早期退職して農業をやるべきだ。原発の近くでな。 

異常な集団、九電のことだから、もしかしたら二階級昇進かも。

|

« 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 | トップページ | なでしこJAPANがワールドカップ決勝でアメリカを破った »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールを強要した九州電力の”原発中毒患者”:

« 玄海原発と再生可能エネルギー法案、ついでに放射能の無害化 | トップページ | なでしこJAPANがワールドカップ決勝でアメリカを破った »