« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

ドイツ発「原子力に反対する100個の十分な理由」

オルタナという環境ビジネス専門誌で日本人が読むべき記事を見つけた。

ドイツの電力会社が「原子力に反対する100個の十分な理由」の日本語版を無料で公開している。

http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf

以下、最後に書かれた文から抜粋した。

日本の原発の破局的な大事故は、原子力をコントロールできないことを明らかにした。

津波や原発事故によりいつ帰れるかわからないまま故郷を離れなければならない方、健康やもしかしたら命までも犠牲にして最悪の事態を防ごうとしている技術者や作業者の方、そしてもちろん地震の影響を大きく受け、追加で放射能汚染に怯えなければならない日本の市民の方など、日本のみなさんを思うと心を痛めています。

20 年以上前からシェーナウ電力会社は、チェルノブイリ原発事故の被爆者を支援しており、このような事故が人間に想像

できない苦しみを与えることを知っています。

原子力エネルギーの危険性についての多くは知られています。現在、日本からの情報は非常に限られています。WWW.100-GUTE-GRUENDE.DE は日本の状況を調査し――信頼できる情報源が見つかったなら――そこから導き出された知見により新しい理由をまとめる予定です。

日本の状況に関しては100

の理由のうちとりわけ以下を参照してください:

#18

放射能の汚れ仕事

#25

地震の危険性

#28

保険

#29

破局的な大災害

#31

悪天候

#34

ホウ酸

#36

チェルノブイリより悪い事態

#38

故郷の喪失

#40

ヨウ素剤不足

#66

安定供給

#81

生存権

福島原発放射能汚染で苦しんでいる、またこれから苦しむであろう日本人にとってこれほど明確なメッセージはないだろう。

原発の原料となるウラン鉱山の周辺では日本人の知らない住民の強制移住や放射能汚染が進み、鉱山労働者や鉱山周辺の人々は癌に侵され死んでいった。

この人々の犠牲の上に日本の経済が成り立っていると考えただけでも、今すぐに原発から脱却を進めるべきだ。

原発推進で喜ぶのは日本の電力会社の経営者たちと欧米のエネルギー関連会社のトップ達だ。

信頼する情報では、新しい民主党の野田政権はアメリカの言いなりで日本経済を破壊するだろうという。

そして日本の増税で喜ぶのはアメリカだ。我々から吸い上げた税金は国際的支援といいう名目でアメリカの戦争支援に使われ、最後はアメリカ人のために使われることになるのだ。

我々はいつまで彼らの奴隷を続けるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

カザフスタンのドキュメンタリー映画「ボラット」は凄いぞ

映画のタイトルは「ボラット」 副題には「栄光ナル カザフスタンのためのアメリカ文化学習」とある。

カザフスタンのテレビリポーターがアメリカを旅しながらリポートするという内容。

日本のリポーターに彼のまねをしろといわれても出来ない。

アメリカ文化にどっぷり首まで浸かった日本人に絶対推薦する。

アメリカ嫌いは見ないと損するし、アメリカ好きはもっと損する。

とくに小泉元首相とかいま注目の民主党前外務大臣前原なんかのアメリカの飼い猫たちに見せたい。

アメリカの末期的本質をぐさりとえぐるイスラム国家カザフスタン人リポーターの自虐的突撃旅行記である。911以降に制作された作品というのもミソである。

まず、日本のテレビには登場しないだろう。この番組を放送したならば、アメリカからの資金は日本のテレビ界に流れなくなるだろうから。タブーとでもいえる作品である。

大抵の人はおしっこをちびるので緩い人はオシメを用意して見るべし。

ネットのレンタルビデオで貸し出し中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

高橋はるみ知事は北電の芸者か

なんと、高橋知事の資金管理団体「萌春会」の会長が北電の南山英雄元会長だと?

ほんまかいな、そうかいな。こんな冗談みたいな話しがあるの?

玄海原発のある佐賀県知事も九州電力と似たようなズブズブの関係だ。

あーあ、いやらしい。やっぱり日本は終わってる。

高橋はるみは北電の言いなり。だから、営業運転にゴーサインを出したのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

高橋はるみ北海道知事は原発に魂を売った女

高橋はるみ北海道知事は泊原発の3号機再稼動にゴーサインを出した。

2011年8月17日、福島原発事故後、何の対策も講じないまま、はじめて原

発の再稼動を容認した。北海道民の命を原発に生贄としてささげた高橋は

るみという鬼畜のごとき女の名前を忘れまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

水素の時代が来るぞ―そして、電力会社は消えてなくなるだろう

アメリカがデフォルト(債務不履行)するのを少し見たかった気もするが、議会で合意できたからといって、財政赤字は今後もずっと続くのだ。

アメリカが破綻するまで。

米国債なんかいつまでも持っていると紙くずになっちまうぞ。日本政府は早く売り払って、大震災被災者のための救援資金を作るべきだ。みんなそう思ってる。

福島原発で毎時10シーベルト以上の放射線量が計測された。

いったいどうなっているんだ!

メルトダウンまで認めた政府、東電だが本当は映画の「チャイナシンドローム」状態で解けたウラン燃料が地面を溶かしながら地下水脈にまで潜り込んでいるんではないだろうか。

このままだと放射能まみれの日本というレッテルが世界地図に張られ、国際的に見はなされそうだ。

それとも政府・東電は溶けた燃料が地下に吸収されるのを待っているのか。

「臭いものには蓋を」するのが一番、事故を起こした中国の高速鉄道の列車を埋めるのと同じ発想だな。

そんな絶望的な今日このごろだが、明るい未来は来ないのだろうか?

いや、決してあきらめてはいけない。国民栄誉賞のなでしこジャパンを見習うのだ。

石炭、石油、原子力はどれもサヨナラすることに決まっているエネルギーだ。

次は自然エネルギーだと誰もが思っているはず。しかし漠然としてどんなエネルギー社会が出現するのか具体的には市民には知らされていない。

ところが、北欧アイスランドをはじめデンマークやハワイなどでは着々と次世代エネルギー社会が始まっているのだ。

キーワードは「水素」

さらば地下資源だ。

これまで水素は天然ガスから精製され、エネルギーとしては生産コストが高価で、これまで注目されなかった。

しかし、自然エネルギーを使い水を電気分解する方法が確立されたため、次のエネルギーの大本命となってきたのだ。

何せ宇宙に水素はほとんど無限にあるのだから使わないわけにはいかない。

やはりブラウンガスの時代が来るのだ。ブラウンガス(酸水素ガスともR水素ガスともHHOガスとも呼ばれている)とは水を水素と酸素に電気分解し、それぞれ2対1の割合で混合したガスで、とんでもないしろものだ。

「とんでも」が好きな人の間では既知のブラウンガスである。

しかし、混合せずに水素だけでも十分にエネルギーとしてはいける。

燃料電池の開発が進みその原料となる水素が家庭に行き渡るようになると電気は個人が発電し消費することになりそうだ。エネルギーの地産池消となるのだ。

あのヨーロッパ最大のエネルギー会社ロイヤル・ダッチ・シェルは10年前から水素エネルギーの開発を行っている。

日本の電力会社が知らないはずはないだろう。

沖縄電力ではすでに一定地域内において複数の分散型電源(太陽光発電、風力発電など)、電力貯蔵設備および制御装置などを組み合わせてネットワーク化し、エネルギーを供給するシステムのマイクログリッドの研究を進めている。

これまで原発一直線で電力、送電を独占してきた電力会社にとっては死活問題とでも映るのだろう。各家庭が発電所になり、消費者がエネルギーの供給者になるのだから。

この期に及んで原発を推進するとは、どうにもこうにも思考停止としか言いようがない。棺おけに片足を突っ込んだまま暴れている電力会社の姿が哀れにも見えてくる。

新エネルギー社会はすぐそこまで来ているのである。

しかし、未来はこれで安心していいのかとなるとそうでもない。

水素はどう料理しても人間の食料とはならないだろう。

石炭、石油がもたらした人口増加、そして大都市への人口集中が問題だ。飢餓はアフリカアジアの一部すでに始まっている。欧米も日本も他人事だと思っているが、食料自給率40%の日本は先進国の中でも一番飢餓に近い国といえる。

いまさら田舎暮らしはできない、と考える人は残念ながら未来はないだろう。

田舎へ戻ろうじゃないか。食料はなるべく自給するのだ。釣り好きの小生には自信があるぞ。畑を作って野菜、魚中心の生活に戻ろう。

若い人は子供の数は一人か二人くらいに我慢しなさい。子供のためだ。食料が十分確保できたら三人目を作りなさい。

石油がなくなるとマクドナルドのハンバーガーなんか消えてしまう運命だ。何せ1キロカロリーのエネルギーを作るのに10キロカロリーを消費する国が作った食べ物だからな。割が合わない。地球内のエネルギー収支の合わない食べ物は消えてなくなるのだ。小麦なんかも自分で作らない限り口に入らなくなるかもしれない。

今までの生活様式を白紙に戻す覚悟が必要な時代がすぐそこまで来ているのだ。

覚悟を決めようぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »