« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月27日 (火)

陸山会事件に見る三権不分立

東京新聞の記事を拝借する

小沢一郎民主党元代表(69)の資金管理団体「陸山会」の土地取引にからみ、政治資金規正法違反(虚偽記入)罪に問われた衆院議員石川知裕被告(38)ら元秘書三人の判決公判で、東京地裁(登石郁朗裁判長)は二十六日、石川被告に禁錮二年、執行猶予三年(求刑禁錮二年)、後任の事務担当だった池田光智被告(34)に禁錮一年、執行猶予三年(同一年)を言い渡した。西松建設からの違法献金事件でも同罪で起訴されていた元会計責任者の大久保隆規被告(50)は、両事件とも有罪で禁錮三年、執行猶予五年(同三年六月)。

 陸山会事件で弁護側は、収支報告書の記載内容は虚偽記入に当たらないと主張したが、判決は虚偽記入があったと判断。石川、池田両被告と大久保被告の共謀も、ほとんど認定した。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)からの裏献金一億円の有無も争点だった。

 検察側は論告で、陸山会が二〇〇四年十月に購入した土地の代金の原資となった小沢元代表からの借入金四億円は「公にできない金だった」と指摘。虚偽記入の動機について「マスコミから原資を追及されたり、水谷建設からの裏献金が明るみにでるのを避けようとした」と主張した。

 弁護側は虚偽記入の成立を否定。大久保被告については「収支報告書作成には一切関与していない」として三被告とも無罪を主張。水谷建設からの裏献金も「検察側の思い込みと想像にすぎない」と全面否定していた。

 判決は西松事件では、大久保被告は西松建設からの企業献金を同社関連のダミーの政治団体からの献金と偽って収支報告書に記載したと認定。「献金主体は西松建設で、政治団体は隠れみのにすぎない」とした。弁護側は「西松建設からの献金という認識はなかった」と反論していた。

 事件をめぐっては、東京地検特捜部が不起訴とした小沢元代表が検察審査会の起訴議決を受けて、強制起訴されている。初公判は十月六日。

日本は自由主義を基本とした三権(内閣、議会、裁判所)がそれぞれ独立しており、内閣や議会の意向に沿った判決を裁判所が下すことはできないとなっている。

ところがどっこい、今回の東京地裁、登石郁朗裁判長は洗脳されたか、買収された知らないが、検察調書を採用しないとしながら被告人有罪の判決を下してしまった。これはまさに時の権力に擦り寄った判決だ。

この裁判は収支報告書の日付を検察が気に入らないだけの話なのだ。

こんないいかげんな裁判がまかり通るような国なのだ。日本は北朝鮮を独裁全体主義国家と非難するけれども、日本も全体主義だといわれても仕方がない。

これはアメリカがマスコミを抱き込み仕組んだ、いや仕込んだ裁判だ。

なぜなら被告3人を血祭りに上げて、本命の小沢一郎を始末しようとする糸が見え見えなのだ。

財政が崩壊寸前のアメリカは戦後これまでに日本をコントロールしてきた体制を崩されるのを阻止するため自公、民主党、日本のマスコミの上層部を買収してアメリカ支配を嫌う小沢一郎を葬ろうと必死なのだ。「第7艦隊だけでアメリカ軍は十分だ」とヒラリーの前で公言したため「日本はアメリカの植民地なのだ。子分の分際で何を生意気なことを言うか」とあの女が言ったかどうか知らないけれど、本音はそうだ。

自民党の利権政治から脱却して始まった明るい未来のはずだったが、民主党政治の自民党化がますます明確になって、もとの自民党政治に戻ってしまった。

野田政権はウランをいままでどおりアメリカから輸入するために原発の現状を維持するらしい。そして消費税の増税を強行し、国民から吸い上げた血税をアメリカに上納するつもりだ。

なぜ彼らはそうまでしてアメリカの言いなりになるのか?

洗脳されているからだ。ベトナム戦争で枯葉剤のダイオキシンをばら蒔き、ソンミ村で女性や子供を何百人も虐殺し、イラクで劣化ウラン弾の各兵器を使用し、世界の独裁者(ピノチェト、マルコスなどなど)と取引して市民を殺してもアメリカに忠誠を誓う殺人鬼に資金を提供する。

それでも、子供の頃からアメリカのテレビドラマ、映画を見せつけられて育った世代にとってアメリカは彼らの頭の中では正義の味方でヒーローな野田。

日本人をマインドコントロールするのはアメリカにとってはチョロイ野田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

ガイア・シンフォニー第7番

Gaia_7イアとは地球は生命体である。生命体であるから意識を持っている。こんな考え方をもって地球市民として世界各地で行動する人々のインタビューを中心にしたシリーズの最新作上映会が23日、北海道ニセコ町公民館で開かれた。           

   かぼちゃの写真はJRニセコ駅前

Niseko

龍村仁監督の奥様でプロデューサーの龍村ゆかりさんを招いた上映会は満席になるほどの盛況であった。

上映前に龍村さんと災害救援ネットワーク北海道の山口さんと私の3人でトークショーをやった。

龍村ゆかりさんは20年まえからガイアシンフォニー第一番から制作にかかわり現代社会に対する広い知識と鋭い洞察力をお持ちの方だ。

3人の映画出演者、高野孝子さんは冒険家で教育者、グレッグ・レモンは自転車ツール・ド・フランスのチャンピオンで神道に共感するスポーツマン、そしてアンドルー・ワイル医学博士は人間は自発的治癒力を生まれながらに持っているとして東洋と西洋の医学の統合治療に取り組んでいる。

印象に残ったのは龍村仁監督がワイル博士に「健康的な死」について質問をぶつけた場面だった。博士の答えは映画を見てほしい。

山口さんは大震災の災害ボランティア経験から行政の取り組みの遅さについて絶望的だといった。だから民間でやれることを行政の指示なしでどんどんやるという実に頼もしい存在である。

震災で分かったことは震災時には政府行政はほとんど当てにならないということ結論だった。

私を含めたトークショウの3人の関係はというと、冗談とも本気とも言えないが、どうも二百年前にチベットで僧侶だったらしいということも分かった次第である。

上映会後の懇親会はおおいに盛り上がった。実に楽しい時間を過ごすことができた。

                   お知らせ

11月下旬に同じニセコ町で拙作 ドキュメンタリー映画「静かなる闘い―シュティカ、冬の魂」を上映することが決定した。場所は未定だが町内のカフェでやるらしい。決まり次第お知らせしたい。今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

ケン・ローチ監督作品

日付が変わって、昨夜のU22日本代表の試合マレーシア戦は2-0で勝ったもののスッキリしないつまらん試合だったな。

何年かぶりに「麦の穂をゆらす風」を見て泣いた。1920年頃のアイルランド独立運動を描いたケン・ローチ監督作品。

この監督はてっきりアイルランド人と思ったらイギリス人だった。現在75歳になるのだが、50歳くらいだとばかり思っていたので驚いた。2006年のカンヌ映画祭ではこの作品でパルムドール賞を獲得し、70歳にして開花した遅咲きの監督である。

サッカー好きで知られるケン・ローチ監督2009年作品の「エリックを探して」はサッカーファン必見のドラマである。エリックとは知る人ぞ知るフランス人のエリック・カントナ選手だ。郵便局員のダメおやじを救う役で出演しており、俳優としてもなかなかの演技を披露している。母国フランスを追われ、イギリス、マンUで活躍しイギリスサッカーファンの心を虜にした選手で、カエルと野次を飛ばした観客にカンフーキックを食らわしたシーン(youtubeで見れる)は有名だ。日本人選手にいま一番必要な魂を持った選手だが、あまりにもトラブルが多かったため、W杯に出場できなかった。

もう一つ、オムニバス映画「あすへのチケット」のトリを飾っている馬鹿だけど人情に厚いサッカー好きの若者を描いた作品は、列車内での3人のサッカーファンと移民の家族との交流を描いた秀作だ。

3作品ともケン・ローチ監督の反逆精神と下町人情が満載の好みのドラマである。

テレビとオサラバして、NHKとも解約したし、映画三昧の日々が気持ちがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

壁の間で

「パリ20区、僕たちのクラス」をたった今見終えた。2008年のカンヌ・パルムドール受賞作品だ。日本の公開が2010年。

フランス語原題が「壁の間で」英語題が「教室」

自分自身、学校のイメージがよくなかったのでテレビドラマ「金八先生」や山田洋次監督の「学校」を想像したのが大間違い。冒頭のカメラワークからドキュメンタリーだ。最後までドキュメンタリーではないかと間違えさせる作品だ。主演の教師と生徒達は役者ではないという。そして教師、生徒の全員が実名で出演してリアル感を醸し出したドキュドラマの傑作である。

あるときは教師の立場で、あるときは親の立場、そして生徒の立場になって見ている自分がいた。

この映画からパリ20区は移民地区であることがわかる。三角から何をイメージするかという授業でアフリカ系の生徒が三角貿易をあげる。いわゆる奴隷貿易である。

フランスでは日本のように民族ごとに別れた学校は無いのだろうか。中学生の頃に住んだ北九州の港町門司を思い出した。アフリカ系はいなかったけど韓国、朝鮮、中国人がクラスの中に何人かいた。しかし、この映画のような会話は絶対にありえない状況だった。大人になってからその中国人と同じ名前の人間が死亡したと新聞の社会面で見たのを今、思い出した。

教育とは何だろうか? 

子供が良い大人になる為、良い社会の一員となる為、良い国民・納税者となる為の一部の人間に都合の良いシステム。息子の通った小中学校を思い出さずにいられなかった。教育よりも飼育に近い今の日本の学校教育。これがこの映画から学んだ今日の結論。

男子生徒のタトゥーの意味。夏休みが始まり最後に教室を出て行く生徒が教師に放つ一言が重い。

ラストシーンで少し救われた気持ちにもなった。

2009年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、その時、日本の「おくりびと」が受賞している。この2作品を比べるとエンターテイメント性のある「おくりびと」が受賞している。ハリウッドとパリの差がそのまま現れた。

ローラン・カンテ監督のほかの作品も見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

苫小牧のCCSに関する恐ろしい情報

北海道の苫小牧沖の海底に二酸化炭素を注入しようという計画CCSが実施されようとしている。

もちろん「二酸化炭素の増加が地球温暖化を招いている」といういまや専門家の間ではもはや疑わしいとされている事実に基づいていることなのだが。二酸化炭素が地球を暖めているのはどうも原発推進のためのプロパガンダであったようだ。

地球温暖化は太陽活動の活発化によるものだというほうが今はかなり真実に近い。アメリカのアルゴアが作ったドキュメンタリー「不都合な真実」には日本人はすっかり騙されたわけだ。(ちなみに最近の太陽の様子がおかしい---宇宙天気予報http://swc.nict.go.jp/sunspot/によると太陽の爆発現象太陽フレアーが連日連発している。)

日本は何年も先までアメリカからウランを買う約束しており、アメリカにとっては日本はいいカモなのだ。ましてやきょうの民主党政調会長の前原は集団的自衛権でもってアメリカと一緒に戦争しようと、ドサクサにまぎれて(鉢呂経産大臣の辞任騒動)言い出している。彼は本当はアメリカCIAのスパイかも知れない。あの男マジで日本をアメリカに売る気らしい。

話がそれた。

CCSは地震を誘発すると言うのだ。

新潟県ではすでに2000年からCCS・二酸化炭素の地下への貯留実験の実験を行ってきた。これが2004年の中越地震を起こし、さらに2006年には石油会社が水を注入している最中に中越沖地震を招いたというのだ。

平成19年に民主党の風間直樹議員がCCSの危険性について災害対策特別委員会で質問し実験の一時停止を求めている。

何のためのCCSかって?

なにせ二酸化炭素を回収して運搬して地下に貯留する過程で二酸化炭素を大気中に放出してしまうだろう。

二酸化炭素をうまく地下に閉じ込めたとしても、この成功により調子に乗った人間様は減った分の二酸化炭素をさらに大気中に放出してしまうという悪循環に陥ることも指摘されている。

さらに苫小牧は天然ガスの産地である。地下に二酸化炭素を注入しその圧力で天然ガスを押し出すためと言ってもいいだろう。

地球温暖化対策なんか二の次、いや三の次だぜ。

そしてこれだ!

アメリカは1960年代に地中の帯水層へのCO2注入による地震の発生を確認し、この現象に関するレポートをまとめている。欧米は、CCS(二酸化炭素回収貯留)を用いて地震を誘発させる実証実験を当の昔に済ませているのだ。

これって本当か?! 苫小牧市は今すぐに調査しろ!

こんなアホなこと止めなさい。

ウトナイ湖周辺の沼ノ端地区なんかは湿原を埋め立てた場所だから液状化現象で家が傾いたり真っ先に犠牲になる地域だぞ。

地元の新聞(北海道新聞、苫小牧民報)は地震を起こす危険性が大きいと指摘されていることを何も報じていいない。

地下のマグマを刺激して今も噴煙を上げている樽前山が噴火する可能性だってあるな。

この地震の実験場となった苫小牧を逃げ出すか。

話しはがらっと変わって。

これから毎回ヤポネシアビデオ推薦映画を紹介したい。テレビを見なくなったので毎日、映画を観ている。

一回目は 『ヤギと男と男と壁と』 (アメリカ、イギリス映画・2009年)

原案はジョン・ロンスン『実録・アメリカ超能力部隊』村上和久訳(文春文庫刊)

BBC制作のいかにもイギリスの風刺が効いた嘘のような本当のような映画。アメリカは戦争で金儲けするなら9.11みたいに何でも利用するのだ。劣化ウラン弾(アメリカだけではないが)

ジョージ・クルーニーがプロデュースし出演もしている。彼の映画は始めてみて、演技力のある俳優なのを知った。他にも社会派映画を製作しており何もオーシャンズイレブンのシリーズが彼の代表作ではないことをこの映画のあとに知った。

ちなみに嫌いなハリウッドのプロパガンダ戦争映画ではなくイギリスの放送局BBCの制作した風刺戦争映画でもあるので推薦した。

アメリカはイラク戦争で劣化ウラン弾という核兵器を使用したことを忘れまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »