« ニセコ上映会 | トップページ | ケニヤ政府のスラム破壊その後 »

2011年11月30日 (水)

最近我が家へ来たもの

Ca3e0190

最近、民族雑貨屋で見つけた300円の仏像。よく見ると向かって右側の台座の端がかけている、とはいえ300円で投げ売りされようとしていた仏像に思わず手が伸びた。25年前にインドのブッダガヤに行ったことがある。そこは釈迦が瞑想し、菩提樹の下で悟りを開いたところ。日本の仏教にはとんと興味がないが、以前ある人から「チベットの修行僧だったことがる」と人づてに聞いてから最近はずっとそのことが頭から離れないでいる。

Ca3e0191

              上の写真は何かというと、石。

支笏湖で拾ってきた火成岩の塔のような形の石。植木鉢の土の上に載せてある。なぜこんなことをしたかというと、円錐形の火山の麓では農作物がよく育つと書いてあった本を読んで実験を試みたのだ。植木鉢にはアボガドが育っている。食べたアボガドの種を土に埋めていたら芽を出して、今は1、2メートルまで成長した。で、この石を置いた途端に急成長が始まった。

下の写真が証拠。先端の部分が下の部分と離れている。石を置いたとたん、その間の部分が急成長したのだから、嘘ではなかった。火成岩の円錐や塔、またはピラミッドは宇宙からのエネルギーを受けるアンテナの役をはたしているのだそうだ。先日ニセコで上映会があってニセコ産ユメピリカの玄米を30キロ買ってきた。今から食べるのが楽しみだ。

Ca3e0193

Ca3e0192  

             最後はアフリカの楽器カリンバ。

ケニヤの息子ジュニアと母親の消息は今だ不明。一刻も早い無事の知らせを待っている。

親指ピアノともいうが実際は親指だけで演奏するのではないそうだ。音階がインドネシアや沖縄のそれで、ただ弾くだけで音楽になってしまう不思議な音階を持つこのカリンバ。これも上映会(長野県上田市)が縁で我が家にいる。ちなみに写真右上はケーナ。南米の民族楽器。今、おおたか静流・梅津和時の作詞作曲の「東北/TOHOKU」という曲をケーナで吹く練習している。

最近、もの凄い毒気のある人物と会ってきたので仏像や音楽で厄祓いをしようと思っている。過去の社会的地位を頭から振りかざしながら、人を見下してモノを言う最低最悪の人間だったな。

                 「悪霊よ、去れ!」

|

« ニセコ上映会 | トップページ | ケニヤ政府のスラム破壊その後 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近我が家へ来たもの:

« ニセコ上映会 | トップページ | ケニヤ政府のスラム破壊その後 »