« ”冷温停止”ってどういうことだ?  | トップページ | TPP緊急講演会(札幌)のお知らせ »

2011年12月19日 (月)

金正日死去についての報道で思ったこと

北朝鮮の将軍様が死んだ。北朝鮮中央放送は激務による過労死が原因だと伝えていた。金正日のカリスマ化を最後まで伝えたかったのだろう。糖尿病を患っていたから血管がもろくなっていたので急死することもあるだろうことは分かっていた。そんなに驚くことではなかった。

Ca3e0196

さっきまでNHKのニュースウォッチ9を見ていて思った。

不安を煽る報道だった。

”朝鮮半島の平和と安定”とはNHK的にはこのまま南北が分断されたままで独裁者が軍事政権を続けることがそうであるかのような報道であった。

南北統一のチャンスだとなぜ言えないのか?

民族が分断されたままの緊張状態が続く半島がアメリカ的には必要なのだ。NHKはやはりアメリカの息の掛かったテレビ局なのだ。

沖縄、韓国にアメリカ軍を半永久的に駐留できるからだ。緊張は兵器を使用できるチャンスである。北朝鮮を生かさず殺さず状態にすることが日米安保条約を継続するいい口実となるのだ。アメリカは南北が統一されて日本、韓国、中国が平和安定することを最も恐れている。

そうならないように日本人の頭を洗脳して朝鮮半島の危機を煽るのがNHKをはじめとするマスメディアの仕事なのだ。

日本のメディアは38度線の南北国境の開放情報にも神経を尖らせていたほうがいいぞ。中国。北朝鮮の国境に特派員を張り付かせた方いいかもしれない。

東西ドイツが統一された時のことを思い出せ。

本当のことを伝えない北朝鮮のメディアと福島原発事故で本当のことを伝えない日本のマスメディアは国民を洗脳するという本質的な共通点を持っていることを我々は忘れてはならない。

朝鮮半島の平和統一を心から願おうではないか。

|

« ”冷温停止”ってどういうことだ?  | トップページ | TPP緊急講演会(札幌)のお知らせ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金正日死去についての報道で思ったこと:

« ”冷温停止”ってどういうことだ?  | トップページ | TPP緊急講演会(札幌)のお知らせ »