« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

日本人はなぜ騙されやすいか

最近アメリカのテレビドラマ「救急救命ER」を見ていいて突然脳裏を横切ったことがある。

アメリカ人は何故、自己主張が激しいのか。一方、日本人は何故、自己を消して世間の波に流されようとするのか。

今、改めて日本人の特質を問うことわざが妙に気になっている。それは「臭い物に蓋」「水に流す」「長いものに巻かれる」

そして「見ざる聞かざる言わざる」までくるとどうだろう。

これらのことわざの共通点はなんだ?

そうだ、現実逃避だ。

フクシマ原発の事故が起こった時の政府の対応が正にそうだった。

当時の枝野官房長官の記者会見を思い出してみると、

「放射能漏れは今のところ無い」水素爆発で放射能漏れが発覚すると「直ちに健康に影響は無い」

3.11当時枝の長官は家族をシンガポールに避難させたらしい(福島出身の人から聞いた噂だが)

小説家村上龍は当時自身のネットテレビで「パニックが一番怖いので今は政府の言葉を信じて僕は東京に残ろうと思う」と発言している。

もしも村上発言を聞いた福島の汚染地区の人々が自主避難を躊躇したのであれば、村上はとんでもない判断ミスを犯したと言わざるを得ない。

いったい何万という人が被爆したのだろう。

天皇家が事故後しばらくメディアに出なかったのは想像するにたやすい。

政府は福島で放射能汚染された国民をなるべく現地に閉じ込めて放射能汚染の拡散を封じ込めようとした。ようするに放射能汚染市民を見殺しにしようと判断したに違いない。

当時の菅内閣は刑務所行きも同然の行動を起こしたのだ。

福島原発事故の事故処理の議事録を抹殺したのはこういう理由だったとすれば、議事録を残したくない理由が説明できる。

先日、原発事故後に福島の森を調査した人と話をした。その人は鼻血を出しながら調査を続けたという。調査の結果、とんでもない高いレベルのセシウムを検出したという。

しかし、その結果を公表しようとしたら政府から圧力がかえられ、放射能汚染の実態は封じ込められた。

この日本という国の本質はもう救いようがないところまで来ている。

それでも大方の国民は政府の思うように放射能汚染から関心をそらそうとテレビを使って懸命だ。

しかし、深読みすれば原発に関心が言ってるうちに国民の管理体制の強化を進めてきている。

消費税、国民総背番号制度、TPP、沖縄基地移転問題。

これらは全てアメリカが喜ぶ政策だ。

今一番の日本での関心事は東日本大震災の被災地復興と何といってもフクシマ原発事故だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

被災地からの便り

大震災から11ヶ月が過ぎた。

忘れてはいけない風景の写真が現地から届いた。

何度目かの被災地支援に入った災害救援ネットワーク北海道の友人からだ。

そのまま転載したい。Hisaiti_2012_01

>>八日から東北の方に向けて出発し、今、石巻市の道の駅の車の中でこのメールを打ってます。
>>
>> 今回は、主にニセコ町からの支援米500キロと札幌まほろばのエリクサー水500リットル以上をもって各家庭に配っております。
>>
>> 主に、高台でぽつんと残った家や集落に住む老夫婦やお子さんのいる家庭を中心に配ってます。
Hisaiti_2012_02
>> 南三陸町では、商店は、すぐ近くに買いにいける、なんでも揃うという状態ではなく、昨日もおじいさんが一時間かけて水を買いにいってる。と話してました。
>> 水も、正直、家庭用の水は、あまりいい状態のものではありません。
>>
>> また、仮設住宅では、水道管がこないだ凍って大変だった。と言っておられました。
>>
>> 震災から、もう一年が経とうとしてるのに。ですよ。
>>
>> ざっと、景色を見渡すと、12月からさほど特別変化した!という感じは見受けられません。
Hisaiti_2012_03
>> みなさん考えてみてください。
>> 災害は、どこにいても起こります。
>> 絶対大丈夫!はないのです。
>> 自分のところは大丈夫!人ごと。見て見ないふり。と心のどこかで思っていることはありませんか?
>>
>> 実際あちこちで地震あるじゃないですか!
>>
>> 人が第六感を忘れ、便利な方便利な方に目を向け、自然と共に生き暮らすことから離れてしまったことを今回の震災は教えてくれたのでは?
Hisaiti_2012_05
>> という被災者の方の言葉がぐっときます。
>>
>> 改めて感じていただければと思います。


Hisiati_2012_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米艦がやってきた

苫小牧港に連続して2隻のアメリカの軍艦がやってきた。目的は観光と交流だそうだ。軍事作戦ではないとつばを飛ばして艦長のひとりは説明していた。

道内の冬の祭りに合わせてやってきたと言う2人の船長はそれぞれ日米軍事同盟の深化を謳った。

最初の艦は大震災のときにトモダチ作戦で被災地支援を行なった船。今来ているのは機雷の掃海艦。

何人かの日本市民がアメリカの国旗を振りながら「ウェルカム トゥ ホッカイドウ」と叫んでいた。船の上で米軍隊員が「寒いのに大変だな」見たいな顔で指をさして笑っていた。

ノーテンキにもほどがある。

そんな中で在沖縄の海兵隊のグアム移転を先行させ、一部を岩国に移転する計画がすすめられている。

しかも、普天間飛行場の固定化するぞ、という脅しを使いながら辺野古基地建設は日米の合意なので進めるらしい。最低県外と訴えてきた沖縄が許すはずがない計画だ。

財政赤字で傾いているアメリカには移転費用など捻出できない。これまでの日米関係を踏まえるならば移転費用は日本国民につけが回される。

これって独立した国家間の大人どうしの関係ではありえない。

普通に考えて異常な関係だぜ。

どう考えても主従関係か、もっと深化したSMの世界だな。

もちろんアメリカが主、日本が従。

日本国民は米軍に骨までしゃぶられて捨てられる。

そんで、日本はTPPに参加する?!  米農家は絶滅寸前。 つぶれるのは農業だけではない。     

そんで、原発を続ける?!   これはアメリカからウランを買わされ続ける為。

「アメリカが日本を守るため日米同盟は不可欠」と現場のアメリカ指揮官はいつもそう言う。

若者たちよ、騙されるな。

君たちの未来はないぞ、もうこの国には。

こんな国はトモダチでもなんでもない。ブッシュがならず者国家と呼んだ”悪の枢軸国家”よりもタチが悪いただのゆすりたかり専門のチンピラと同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »