« ジョージ・クルーニーの逮捕騒動 | トップページ | フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか »

2012年3月19日 (月)

大阪から原発廃炉への狼煙あがる

                      東京新聞電子版より掲載

大阪府・市、全原発廃止提案へ 関電に、送電は別会社化

大阪府と大阪市でつくる府市統合本部は18日、エネルギー戦略会議を市役所で開き、関西電力の全ての原発を可能な限り速やかに廃止することや発送電分離に向けた送電部門の別会社化などを柱とした株主提案の骨子を固めた。役員と従業員の削減も求める。

 市は関電株式の約8・9%を持つ筆頭株主。6月に予定される同社の株主総会で、初めてとなる株主提案権の行使に踏み切り、可決を目指す。

 だが株主提案で関電の事業などを定めた定款を変更する場合、議決権のある株式総数の3分の2以上の賛同を得ることが必要。他の株主の支持をどこまで広げられるかが焦点となる。

(共同)
上記のように東京新聞は共同通信配信の記事を載せた。
ようやく、原発の廃炉に向けた動きが政治の舞台で始まった。
大阪の橋本市長は学校での国歌斉唱の強要で、独裁者と呼ばれている。
しかし、彼の原発全廃政策を支持する。
橋本君、「君が代」という歌は、古い昔に北九州地方の豪族の長老が死にそうなので、もっと長生きしてください、という歌であるぞ。歌いたい奴は歌えばいいさあ。
まあ、そんなことは、今は横に置いといて。
2012年を全国の、いや全世界の原発を廃炉にするスタートの年にしようではないか。
民族派右翼、新左翼、ノンポリ、政治家、僧侶、神主、神父、牧師、サラリーマン、自営業者、主婦、障害者、健常者、老若男女みんなで、放射能で地球を汚染し、核兵器の原料プルトニュウムの製造工場と化している原子力発電所をこの世から消し去ろうではないか。
今はまず命だ。生命があって、人類が存在しての思想だ。
独裁者橋本君、共に頑張ろう。

|

« ジョージ・クルーニーの逮捕騒動 | トップページ | フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪から原発廃炉への狼煙あがる:

» 関西電力で筆頭株主の大阪市が6月に関電の株主総会で原発全廃や発送電分離などを株主提案の骨子案に [shimarnyのブログ]
脱原発を推進するのは、与党や野党でなく東京都でもなく大阪市の橋本市長率いる「大阪維新の会」であるということが明らかとなった。 [18日 琉球新報]原発全廃「可及的速やかに」 大阪市、関電に株主提案へ 大阪府市の「エネルギー戦略会議」(座長=植田和弘・京都... [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 18時39分

« ジョージ・クルーニーの逮捕騒動 | トップページ | フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか »