« フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか | トップページ | フクシマは人類史上最悪の放射能汚染 »

2012年3月29日 (木)

ガソリン価格高騰に抗議をしよう!

ここ20年以上ずっとディーゼルエンジン車の中古で走っていた。

しかし、自公から民主党に政権が交代する前にガソリン車を中古で買った。

民主党の公約だったガソリン税の廃止を信じた。民主党のマニュフェストを読み返すと

目的を失った自動車関連諸税の暫定税率は廃止する
【政策目的】
○課税の根拠を失った暫定税率を廃止して、税制に対する国民の信頼を回復する。
○2.5兆円の減税を実施し、国民生活を守る。特に、移動を車に依存することの多い地方の国民負担を軽減する。
【具体策】
○ガソリン税、軽油引取税、自動車重量税、自動車取得税の暫定税率は廃止して、2.5兆円の減税を実施する。
○将来的には、ガソリン税、軽油引取税は「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化、自動車重量税は自動車税と一本化、自動車取得税は消費税との二重課税回避の観点から廃止する。

ところがどうだ。全くのデタラメだった。当時の藤井裕久財務大臣は実現できないとなると仮病を使って退任した。しかし最近になって再びゾンビの顔をして復活している。絶対にあの時の裏切りは忘れない。次の選挙では「マニュフェスト」という言葉自体、もう使えないぞ。

間もなくあるだろう総選挙。自公政権の復活などありえないし、消費税増税病に取り憑かれ、韓国で開催した核サミットでは国際社会に相手にされなかった野田ひきいる民主党政権も風前の灯。しかし共産党政権は信用できず、だからといって大阪維新の会の脱原発以外はどうにもならないマニュフェストで、次の選挙はどうしたもんか。

ガソリン価格の高騰に話を戻すが、世界の原油価格の大方を左右するWTI原油先物は、今年の1月31日に97ドル(1バレル=159リットル)だったのが2月20日に109ドルまで高騰する。しかし、3月22日には105ドルまで下落している。今日の価格は一時104ドル代まで下がり、終値は105.43ドルだ。

イランの原油輸出制裁が終わり、今日のニュースでは戦略石油備蓄の放出、アメリカ原油の在庫がだぶついている、という。

しかし、日本のガソリン価格は下がらない。いつもの手だ。

原油の国際価格が上昇すると、すぐにガソリンは値上げする。しかし、国際価格が下落しても市販のガソリン価格の下落率は鈍い。だから、石油業界は儲かる。

そして、市民は苦しむ。

ガソリン価格高騰に抗議をしよう!

国の公正取引委員会というのはこんな時のためにあるんじゃあないの?

嘘で固めた社会はもう終わりにしたい。

(資料) WTIはウエスト・テキサス・インターミディエートの略で、西テキサス地方で産出される硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油のことを指します。

そのWTIの先物がニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されています。原油価格の代表的な指標にはこのWTIのほか、欧州産の北海ブレント、中東産のドバイがあり、これらが世界の3大原油指標と言われています。

そのなかでも、WTI原油先物は、取引量と市場参加者が圧倒的に多く、市場の流動性や透明性が高いため、原油価格の指標にとどまらず、世界経済の動向を占う重要な経済指標の1つにもなっています

|

« フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか | トップページ | フクシマは人類史上最悪の放射能汚染 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン価格高騰に抗議をしよう!:

« フクシマは永久に放射能を垂れ流し続けるのだろうか | トップページ | フクシマは人類史上最悪の放射能汚染 »