« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

カナダで環境を破壊する企業、三井金属鉱業と伊藤忠商事

日本企業が鮭がそ上する川で鉱山開発を始めた、という情報がカナダの友人から届いた。

これは鮭を重要な食料とする先住民の生活を破壊する行為であり、カナダ憲法に違法する行為だ。

三井金属鉱業と伊藤忠商事の担当者はブリティッシュコロンビア州担当者やカナダ企業から「開発については違法性は無い」と聞かされているだろうが、大きな間違いだ。騙されている。

開発側は彼ら先住民との交渉も行なっていないと思われる。

ここに住む先住民の人々は森林破壊行為に対して長年抗議活動を続けており、彼ら先住民の抗議行動は日本のもとは比べ物にならない行動を展開するだろう。

僕の知っている長老のひとりは文化を破壊する行為に抗議し、カナダ国軍の特殊部隊と銃撃戦を戦った。北米中のインディアンが知るグスタフソン湖事件(1995年)だ。その老人は今も健在である。

この日本企業の環境破壊は国際的にも非難されるだろうし、決して許されない開発である。

傷口が広がらない今のうちに三井金属鉱業、伊藤忠商事は手を引くべきだ。

下記のとおり、これまでの投資が泡に消える可能性が高い。
  
-----------------------------------------------
Brian Kynoch, President Sadao Senda, President Itochu Corporation
Imperial Metals Mitsui Mining & Smelting Co. 5 Kitaaoyama 2
200-580 Hornby St. 1-11-1 2-5-1 Kita Aoyama
Vancouver, BC Osaki, Shinagawa-ku 107-0061
Osaki, Shinagawa-ku Tokyo, Japan Minato-ku
V6C 3B6 Tokyo, Tokyo-to, Japan


May 7, 2012

Secwepemc(セクウェップムウ)民族在来の領地内の神聖な水源地におけるラドック川鉱山開発事業に対する反対声明

我々Secwepemc民族は、Secwepemc族古往今来の固有領土内(カナダのブリティシュ・コロンビア州カムループス市北東155キロ)において計画されているラドック川鉛・亜鉛採鉱事業に、一丸となって反対します。

我々Secwepemcの人々はこれまで、カナダ政府、ブリティッシュ・コロンビア州政府及びイギリス政府、その他の何者とも、その領域を割譲もしくは放棄するいかなる条約を結んだことはありません。我々は、当該の我々の領土について、1997年にカナダの最高裁判所によって確認されている先住民族としての権原を保持しています。この判決に従って、先住民族の領有権は州の法令に優先するため、ラドック川事業の支持者であるImperial Metals、三井金属鉱業、伊藤忠商事の各企業は、不法にブリティッシュ•コロンビア州政府と取引を行っていることになります。つまり、ブリティッシュ•コロンビア州政府は、鉱山開発等に係る認可を民間企業に付与する全権限を法的に持ち合わせてはいないのです。

我々、先住民族としての集団的権利を有するSecwepemcの人々こそが、ラドック川事業によって提起されている地域を含むSecwepemculecw〈我が国〉内のすべての土地における本来の地権保持者です。我々は、この領域に対して先祖代々からの責任を有しています。
我々Secwepemcの習俗や規範は、その風土、言葉、文化に深く根差しています。 これらの規範は失われることなく、我々にとっての権威はその大地の中に息づいています。我らが人々は、今日もこれらの法(のり)にしたがって生き続けているのです。

今回のラドック川事業は、我々Secwepemcの人々にとって精神的及び文化的意義を持つ神聖な源流部において企図されています。世界最大級であるアダムス川のベニザケ産卵場は、この場所の下流に位置します。この鉱山の近くのすべての流域水は破棄されます。伝統的な領土のシュスワップ湖とアダムス川流域の水質に深刻な影響を与えます。これによって、流域と鮭は不可逆的に破壊されるでしょう。鮭は、私たちの肉体的、情緒的、そして精神的存続に不可欠であり、我々は、水と鮭と私たちの生活の崩壊を容認することはありません。

Secwepemcの女性としてこの土地の守護者である私たちは、御社方、Imperial Metals、三井金属鉱業及び伊藤忠商事が、私たちの神聖な水源地とSecwepemc領土を破壊し望まざる影響を与えることを拒み、この地を守っていくことを決意しました。祖母から母親、少女まで、Secwepemcの女性たちは今も、ラドック川採鉱予定地含めた私たちの領土の全域を活用しています。

我々は、現在と将来の世代の土地と生活様式を守る取り組みをしており、経済的利益や雇用の促進といった御社によって提起された約束事項を拒絶します。我々が維持していくべきなのは土地と水、そして生活文化であり、それらの破滅がもたらす遺物を受け付けることはできません。

我々は、当該の鉱山計画地において、既に相当な開発行為が実施されていることを知っています。これは、この土地の権利所有者の同意を得ずに行われています。我々の同意が得られていないため、御社方の投資は無に帰すことになります。この領域は、鉱山開発のためには完全に鎖閉されているのです。


署名







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

岩倉苫小牧市長は放射能が猛毒であることを知らない

岩倉苫小牧市長が近隣の町長に瓦礫受け入れについての説明を行なった。

近隣の町は一次産業を生業にしている人たちだ。

風評被害が一番の心配事だ。

岩倉市長は十分な対策をとる、と約束したらしい。

そんな約束を誰が信じるのだろうか。もしも、近隣の野菜が売れなくなった場合は岩倉市長の責任はあまりにも大きい。リスクが高すぎる。岩倉市長が首をくくっても被害者は納得しないだろう。

岩倉市長はどうも放射能の内部被爆と外部被爆との違いもわからないと見える。

6月16日(土)16時30分苫小牧市文化センターで被爆についての講演会が苫小牧で開かれる。

広島で被爆した肥田俊太郎医師(95歳)が低レベル放射能の被害と内部被爆について語る。

岩倉市長はこの講演を聞くべきだ。

苫小牧市の中野副市長は言った。「自然界にも放射能は存在するので(少々の放射能は健康には影響は無い)」との発言を行なっている。

恐らく岩倉市長も同じ程度の放射能の知識しかもっていないだろう。

その市長が放射能汚染地域の瓦礫を使い、岩倉一族が経営する企業でパネルや集成材として再利用し、国民の税金で金儲けを企んでいる、というもっぱらの噂だ。いや、もはや市民、道民、国民の知るところとなっている。しかし、新聞やテレビは報じない。

放射能は低レベルでの癌発生率が高いのだ。岩倉市長はいい加減な情報をもとに一族の金儲けにガレキを使い、近隣の農業、漁業を犠牲にしようとしている。

目を覚ませ! 岩倉市長! 貴方のこれまでの人生はガレキ問題でひっくり返るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

私たちは奴隷なのだ

話題騒然!
カナダの12歳の女の子が現在の経済システムを痛烈に批判しているビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0 
を見た。

この少女の言葉は毎月、税金、借金で苦しむ市民がいかに奴隷として銀行のために働き続けているのか、という現実を我々に突きつけている。

そして、消費税率を引き上げ、増税に突き進む日本政府がいかに間違っているのか、がよく分るビデオをだ。

12歳の女の子が世界を救うこともあるのだ。

少女の話のオチは「小さなグループが世界を変える」と結んでいる。各地で始まっている小さなグループ活動は世界を変えうるのだ。

元気と勇気を与えてくれた女の子に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

岩倉苫小牧市長が表明した”瓦礫受け入れ”はもはや無理だ

苫小牧市の岩倉市長が瓦礫受け入れについて農業団体、漁協などに出向き、理解を求める動きを活発化している。

しかし、岩倉市長にとって逆風が吹いている。

一、被災地の瓦礫の量が予想を大幅に下回っている。

二、しかも被災地で瓦礫を加工処理したほうが現地の雇用が増え、被災地支援に繋がるという。被災地がゆっくりガレキ処理することによって、被災地の皆さんの懐が長期間にわたり潤うということになる。 苫小牧の企業が被災地の瓦礫を略奪し、被災地の皆さんの仕事を奪う、と言われても仕方がいない。

三、岩倉市長一族が経営する岩倉組や(株)イワクラが、もしも処理に関わるということが判明した場合、岩倉市長はどう説明するのだろうか? 北海道の運命を左右するような大きなリスクを背負わせてでも一族の金儲けに加担するのだろうか? 無理だろう。

以上の理由を考慮すると、もはや被災地のガレキを受け入れる理由は無い。

岩倉さん、そろそろ瓦礫受け入れを諦める理由を考えましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

苫小牧市の岩倉市長の暴走

苫小牧市の岩倉市長が北海道の高橋知事に震災瓦礫の受け入れるよう、要望した。

福島第一原発は想定外という地震津波によって崩壊した。未だに放射能を垂れ流し、母なる地球を汚染し続けている。

「想定外」。国民はこの言葉をどれだけ聞かされてきたことか。

この想定外の放射能が苫小牧が受け入れる瓦礫に含まれていたら、と考えてみた。

北海道の農業、漁業、林業、観光、飲食産業が壊滅状態になることが想定される。

自殺者が増加することは目に見えている。そうなった場合、苫小牧市、北海道が打撃を受けた人たちに保証できるのか?
 
最悪の事態を考えて、保証額がいくらになるのか、計算してから岩倉市長には決断して欲しい。

なぜ、瓦礫の受け入れにこだわるのか?

岩倉市長は「被災地の精神的障害を取り除きたい」と云う。まさに精神論が理由のようだが、実は苫小牧を拠点とする岩倉グループにマネーが落ちる、ことが本音らしい。そうでないことを信じているのだが---。

敬愛する岩倉市長、暴走は止めてくれ! 登頂を目の前にして下山する勇気を市長には持ってもらいたい。

福島第一原発の爆発後、日本政府が隠蔽した放射能拡散を見れば、岩手県宮古市も放射能で汚染されたことが分かる。

IRSN(フランス放射線防護原子力安全研究所が発表した「2011年3月12日より福島第一原子炉から放出された放射能雲大気中拡散シミュレーション」 http://www.youtube.com/watch?v=gndJUWSq5IQ&feature=related を直視知るべきである。

これでも苫小牧市の岩倉市長は瓦礫を「受け入れるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

震災瓦礫の広域処分、苫小牧市の場合は

苫小牧市の岩倉市長は岩手県の震災瓦礫を受け入れる方向だという。

それに対して市民たちが苫小牧市に受け入れ反対を要望した。

理由は次のとおりだ。

一 情報公開が不十分

二 瓦礫の受け入れ後、放射能が検出されると北海道の農林水産物が風評被害を受ける可能性が高い。 

三 放射能の基準値が曖昧で行政の検査は信用できない。

四 瓦礫は震災地で利用する方向に向かっている。


内部被爆は少量でも癌の発生率が大きい。海外では放射能汚染地域の廃棄物の移動は認められていない、と聞く。何故、日本は広域処理を進めるのだろうか。

理由は儲かるから、の一言に尽きる。

金のためならリスクなんかどうでもいい、というのが本音だろう。

まさか、我らが苫小牧の市長はそんなことが理由で受け入れはしないだろう。

「被災地の助けになるなら瓦礫を受け入れよう」という純粋な市長の言葉を信じたい。岩倉市長の一族の経営する岩倉グループが震災ガレキの受け入れで儲る、なんてことを考えてはいないと信じたい。そんなことがあってはならないし、苫小牧市民、北海道民の生活を天秤にかけてガレキを受け入れることにはならないと信じよう。


市民の一人が言った。

苫小牧の瓦礫受け入れを推進するか、それとも拒否するか、北海道民は固唾を飲んで見守っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

弘前の桜 2012年5月2日
Hirosaki_2012_sakura_036

桜の花見を生まれて初めて体験した。わざわざ、桜の見物に行くことはないと思っていたが、弘前城の桜はその数も多かったし、何より凄みがあって驚いた。樹齢は100年を超えており、幹にも迫力を感じた。そろそろ寿命に近づいている樹が多かったので、まだ見ていない人は是非、弘前の桜を観たほうがいい。
 

Hirosaki_2012_sakura_042


Hirosaki_2012_sakura_082


Hirosaki_2012_sakura_057

Hirosaki_2012_sakura_062


Hirosaki_2012_sakura_073


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »