« 桜 | トップページ | 苫小牧市の岩倉市長の暴走 »

2012年5月15日 (火)

震災瓦礫の広域処分、苫小牧市の場合は

苫小牧市の岩倉市長は岩手県の震災瓦礫を受け入れる方向だという。

それに対して市民たちが苫小牧市に受け入れ反対を要望した。

理由は次のとおりだ。

一 情報公開が不十分

二 瓦礫の受け入れ後、放射能が検出されると北海道の農林水産物が風評被害を受ける可能性が高い。 

三 放射能の基準値が曖昧で行政の検査は信用できない。

四 瓦礫は震災地で利用する方向に向かっている。


内部被爆は少量でも癌の発生率が大きい。海外では放射能汚染地域の廃棄物の移動は認められていない、と聞く。何故、日本は広域処理を進めるのだろうか。

理由は儲かるから、の一言に尽きる。

金のためならリスクなんかどうでもいい、というのが本音だろう。

まさか、我らが苫小牧の市長はそんなことが理由で受け入れはしないだろう。

「被災地の助けになるなら瓦礫を受け入れよう」という純粋な市長の言葉を信じたい。岩倉市長の一族の経営する岩倉グループが震災ガレキの受け入れで儲る、なんてことを考えてはいないと信じたい。そんなことがあってはならないし、苫小牧市民、北海道民の生活を天秤にかけてガレキを受け入れることにはならないと信じよう。


市民の一人が言った。

苫小牧の瓦礫受け入れを推進するか、それとも拒否するか、北海道民は固唾を飲んで見守っている。

 

|

« 桜 | トップページ | 苫小牧市の岩倉市長の暴走 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災瓦礫の広域処分、苫小牧市の場合は:

« 桜 | トップページ | 苫小牧市の岩倉市長の暴走 »