« (苫小牧発)伝説のライブハウス「アミダ様」が復活する! | トップページ | 震災瓦礫の広域処分、苫小牧市長との対話集会開催! »

2012年6月22日 (金)

正義は野田ではなく小沢にある

野田総理が路上でマイクを持ち”シロアリ(官僚の天下り)退治をする”と絶叫し、国民が最も税金の無駄遣いと思っている”天下り廃止(シロアリ退治)”の文字がマスメディアから消えてしまった。

そんな中、天下り廃止をそっちのけの消費税増税法案が民自公の三派かトリオの賛成で国会を通過するのだという。

野田民主党政権には既に正義の”せ”の字も消えてしまった。

そして、小沢一郎は民主党を離党して新党を結成するという。小沢自信が言うように”正義は我々にある”とは真の良識を持つ国民が待ち望んだ言葉だ。

2012年、日本政治の歴史上最後の正義となるかもしれない大勝負の時を迎えたようだ。もしかしてマヤ暦と関係がありやなしや。

真の正義は必ず道をひらく。

福島第一原発の放射能垂れ流しにダンマリを決め込み、瓦礫の広域処理をして放射能を日本列島にばら蒔き、官僚の天下りを野放しにし、その上に消費税を増税し、欠陥だらけのオスプレイという飛行機を一機60億円以上もする値段でアメリカの言うとおりに購入を計画し、「全ての責任は私がとる」なんて誰も信じない真っ赤なウソを平気で口走る野田の生まれ変わりは、ロバか豚に違いない。ちゃんちゃん、だ。

アメリカの言いなりマスメディが敵視するアジア重視の小沢一郎の政策には尤もな筋が通っている。

次の選挙では小沢党に一票を入れる。

鳩山さん、今度は最後に腰が弾けることは無しだよ。

|

« (苫小牧発)伝説のライブハウス「アミダ様」が復活する! | トップページ | 震災瓦礫の広域処分、苫小牧市長との対話集会開催! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正義は野田ではなく小沢にある:

« (苫小牧発)伝説のライブハウス「アミダ様」が復活する! | トップページ | 震災瓦礫の広域処分、苫小牧市長との対話集会開催! »