« 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 | トップページ | ”NO NUKES” 野田民主党には一刻も早い政治からの退場を »

2012年7月24日 (火)

ストロンチウムを岩手県で検出-瓦礫の広域処理はやってはいけない

文科省がようやくストロンチウムを首都圏、東北で検出した。猛毒のストロンチウムが出たことで北海道の瓦礫受け入れは事実上、消えた。それでも強行するのなら、全国民を敵にわわす

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5808/24/194_Sr_0724.pdf

次はプルトニウムが出るぞ。

王子製紙苫小牧工場とサニックス工場は今すぐにでも福島県産の可燃物の広域処理を中止するべきだ。

|

« 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 | トップページ | ”NO NUKES” 野田民主党には一刻も早い政治からの退場を »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストロンチウムを岩手県で検出-瓦礫の広域処理はやってはいけない:

« 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 | トップページ | ”NO NUKES” 野田民主党には一刻も早い政治からの退場を »